高津区版 掲載号:2014年10月3日号 エリアトップへ

「宇奈根の渡し」が復活 多摩川で64年ぶり

文化

掲載号:2014年10月3日号

  • LINE
  • hatena
保坂区長(中央右)と渡し船に乗る福田市長(同左)
保坂区長(中央右)と渡し船に乗る福田市長(同左)

 神奈川県と東京都を隔てる多摩川で、高津区宇奈根と世田谷区を結ぶ渡し船「宇奈根の渡し」が9月23日、廃止から64年ぶりに1日限定で復活した。世田谷区の子どもたちが発案し、福田紀彦市長、世田谷区の保坂展人区長を招いて実現。高津の子どもらは船で川を渡り、昔ながらの遊びなどを通じて対岸の子どもたちとの交流を深めた。

 企画したのは世田谷区立喜多見児童館。地域の子どもの願いを叶えようと同区が進める事業「夢プロジェクト」として実施した。

 喜多見小の児童らが昨年、大田区で「羽田の渡し」の碑を見つけ、渡し船の歴史に関心を高めたのがきっかけ。今年4月から歴史学習を始め、児童館近くにある宇奈根の対岸に、同じ地名を持つ街が存在している事、江戸時代から人々の足として「宇奈根の渡し」が活躍していた事を知った。

 この渡し船は、橋の整備など交通の発展にともない、利用者の減少で1950年に廃止されたと言われている。児童らは「渡し」を再現し、対岸の子どもと交流したいと企画を進め、福田市長、保坂区長を招いて、この日、64年ぶりの復活にこぎ着けた。

 今回、同児童館を利用する喜多見小の児童25人が参加。当日は澄み渡った秋晴れの下、子どもたちが地元のお年寄りに学んで手作りした長さ約3メートルの木造船「夢叶丸(ゆめまる)」など2隻を川面に浮かべた。児童が船頭を務め、約30メートル離れた川崎側で待つ高津区の宇奈根町会子ども会の小学生を乗せ、再び世田谷側へ船を走らせた。別の船には福田市長、保坂区長が乗船し、世田谷側の河川敷で交流会の開会式を実施。その後、久地小の子を含め児童ら50人以上がこま、竹とんぼなど伝承遊びを楽しんだ。

 福田市長は「多摩川は皆に共通の財産。子どもたちに地域の歴史を教えてもらった」と笑顔で語った。

 幼少期に宇奈根の渡しを利用していた高津消防団の河原金藏団長(72)は「懐かしい。昔は川を渡って駄菓子を買いに行っていた。当時と風景は違うけれど、あのころを思い出します」と船を見つめていた。
 

高津区版のトップニュース最新6

市内96人、任期満了へ

民生委員児童委員

市内96人、任期満了へ 政治

高齢化、担い手不足に課題

8月23日号

服で伝えるセネガル文化

久本在住樋口さん

服で伝えるセネガル文化 文化

「着物ショー」でPRに一役

8月23日号

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク