高津区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

津田山駅 新駅舎の工事延期 軟弱地盤で事業費膨らむ

社会

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
工事方法変更の説明を受ける福田市長
工事方法変更の説明を受ける福田市長

市「来年度の着工目指す」

 2014年度末に着工予定だった津田山駅の橋上駅舎化工事が延期となっている。川崎市によると「予想以上の軟弱地盤が原因で予定していた工事方法の変更を余儀なくされた」という。大幅な予算の増額が見込まれ、設計の見直しにより予算圧縮を図っている。市は「16年度の予算化を目指す」としている。

 当初、市が予定していた総工費は16億円。しかし、津田山駅の軟弱な地盤により、当初予定していた工法の変更が必要となった。これにより総工費は当初予定より大幅に増額。24億円が見込まれ、15年度予算の計上を見送ることとなった。

 現在、市は詳細設計の見直しにより事業費縮小を図っている。市まちづくり局は「16年度の予算化と着工を目指したい」と話す。16年度着工されれば、完成予定は18年度となる。

市長が視察

 福田市長は4月15日、市担当者、JR東日本職員らと津田山駅を視察。軟弱地盤によるホームの歪みや工事変更箇所の説明を受けた。

 現場を見た福田市長は「駅のバリアフリー化と、橋上駅舎化による子どもの通学時の安全性確保の重要性を再確認した」と話した。

 同駅橋上駅舎化は、09年度に市が策定した「南武線駅アクセス向上方策案」に基づく整備事業。鉄道による地域分断の改善を目指す市と駅のバリアフリー化に取り組むJR東日本の共同事業として進められている。

 整備により、同駅はエレベーター設置と下作延小学校側からの鉄道利用者が踏切を横断せず駅の利用が可能となる。14年度末着工、17年度完成を予定していた。

高津区版のトップニュース最新6

ギャラリー利用、復活

大山街道ふるさと館

ギャラリー利用、復活 文化

今日から写真展を開催

8月7日号

洪水避難の確認を

高津高校

洪水避難の確認を 教育

台風、豪雨災害受け初授業

8月7日号

KSPにサービス窓口

マイナンバーカード

KSPにサービス窓口 社会

夜間、休日の交付も可能に

7月31日号

多摩川に“希望”煌(きら)めく

多摩川に“希望”煌(きら)めく 文化

上作延在住花火師らが75発

7月31日号

子育て支援事業、再開へ

高津区

子育て支援事業、再開へ 社会

親のストレス軽減狙いも

7月24日号

感染対策に役立てて

高津奉仕5団体

感染対策に役立てて 社会

区に200万円寄付

7月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク