高津区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

梶ヶ谷街バル実行委員会の委員長を務め、初の「梶バル」開催に尽力した 阿部 嘉司郎(よしじろう)さん 末長在住 61歳

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena

仲間の存在が力の源

 ○…11月下旬に梶が谷駅周辺で開催された、ちょい飲み、食べ歩きを楽しめるイベント「梶バル」。実行委員長として参加店舗と話し合いを進めるなど、準備を率先して行ってきた。初めてのイベントで不安もあったが、3枚つづりのチケットが想定以上に売れるなど盛況。「開催2日目からお客さんが一気に来て嬉しい悲鳴だった。第1回としては成功だったと言って良い。『今度いつやるの?』と期待されている声も聞かれた」と笑顔で振り返る。

 ○…エルカジまつりの実行委員や、駅前通り振興会の役員を務めるなど、以前から地域を盛り上げる役割を担ってきた。梶バル開催にあたっても、登戸やたまプラーザなどの街バルを何回も見に行き、メニューの研究などを熱心に行ってきた。「梶ヶ谷にこれだけの飲み屋があることを伝えられた。梶ヶ谷の人は梶ヶ谷で飲むのが一番」。次回の2月末開催に向け、早くも構想を練っている。「ちらしにメニューの写真を載せたり、他店舗の空き席情報を伝えられる仕組みがあると良いね。次回は(参加者)300人が目標。300人ののんべえがこの街を歩くんだよ」と、期待を込めて準備中だ。

 ○…”飲みニケ―ション”で周囲との絆を深めるのが阿部流。「オール梶ヶ谷でいこう」と店舗に声をかけ、今までの信頼関係も功を奏して計18店が参加した。全てのモチベーションは「この街が好きだから」と真っ直ぐだ。「この街の仲間と一緒にイベントをやるのが好きで、周りもやるぞと言ってくれる。仲間がいるからできること」。忙しい日々だが、声を掛ければ集まってきてくれる仲間がいるから頑張れる。

 ○…野菜の仕入れ・仕出しをする仕事柄、毎朝3時に起きる日々。休日に早く起きると『モーニングワイン』を飲むのが楽しみ。「フワーッとリラックスできる」と笑う。梶ヶ谷に根付いて30年。まだまだ街を引っ張っていくつもりだ。

高津区版の人物風土記最新6

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

持田 稔さん

高津消防団の第12代団長に就任した

持田 稔さん

下作延在住 65歳

6月28日号

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク