高津区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九七六回 「立正学園溝口幼稚園」

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 「立正学園溝口小学校付属幼稚園の入園手続きが開始される」という日の早朝、午前四時頃―真っ暗の早朝、まさかと思って様子を見に行った。

 そして驚いた。

 薄暗い校門前に、十人位の男性が、順番待ちで並んでいて、ジロリと人の顔を見た。

 吃驚した、「もう並んでいるよ」と。

 世のお父さんというものは、此処迄(ここまで)やるのか?と、正直、吃驚させられた。

 一旦、家に戻り、温かい恰好をして戻り、私も無口な集団の一人として、腕を組み、目をつぶり集団の中の一人となった。

 「立正学園溝口小学校付属幼稚園」が、どれ程の人気があるか、競争率がどれ程なのか、私達は全然知識を持ち合わせなかった。

 しかし、受験生の父兄が並んでいるから、自分たちも人並みに、並んだというに過ぎない。

 何故なら、他所のお父さんが早朝から並んでいるのに自分の家だけ並ばない訳にゆかないではないか?

 私立学校の―公立もそうだと思うが―入学には、親―特に男親の当然の義務である、という常識がまかり通っている様だった。

 私自身が私立学校の教員を勤める様になっても、この現象についての正確な情報は、何も得ることが出来なかった。

 言えることは、こんなに朝早くから入学希望者が並ぶ程、人気がある幼稚園なのだと思われた―のが正直な感想である。

 という事は、よもや学校が志望者が少なくて、閉校になる等とは、夢にも考えることはなかった。

 子供が無事合格し、母親が父母会の役員となり、学校に行く機会が増え、学校の内容に触れていても、学校に対しての一つの疑問も出る筈もなかったのだ。

 言うなれば、幼稚園の教育方針に、親も子も全幅の信頼を寄せていたと言えるだろう。

 幼稚園は、これでよかったのだと思うが、小学校はほとんどの人が公立に進み、上がる人はあまり居なかった。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク