高津区版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

5月、一般社団法人川崎北工業会の会長に就任した 上松 義典さん 久地在住 59歳

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena

住民と共存できる町に

 ○…久地、宇奈根地区の製造業を中心に組織する一般社団法人川崎北工業会会長に5月、就任した。住工混在が進む同地区。同会では工場を開放する「オープンファクトリー」などを通じて住民との共存を図る。就任に際し、「企業間との連携強化はもちろん、住民の方々とも『顔が見える関係』を築いていきたい」と熱く語る。

 ○…世田谷区出身。3歳で久地に移り住み高津小学校を卒業した。都内の大学を卒業後、大手証券会社に入社。営業職としてキャリアを積み、25歳で実家の上松合金製作所に入社した直後には、会社情報冊子の掲載企業に広く営業を掛けるなど、地道な努力を惜しまなかった。社長を引き継いだ時はまだ32歳。幼少期から父が汗水流しながら一生懸命働く姿を目に焼き付けてきたので、「いずれは自分が父の跡を継ぎたい思いがあった」と語る。

 ○…父親が設立に関わった川崎北工業会を盛り上げようと同社入社後すぐに入会。青年部を立ち上げ、若手が交流して情報発信する場を作った。「今も若手からは敬語なしで話されるよ」と笑うが、その気さくな性格が人を寄せつける。「若い人たちに盛り上げてもらわないと会の発展はない。地域との交流も彼らの意見が役に立ってるよ」と労う。

 ○…最近の移動はもっぱら自転車で、取材の場所にもさっそうと登場した。サーフィンが趣味で数年前まで湘南や千葉の海によく通ったが「最近はなかなか行けない」と苦笑い。「今は都内で暮らす息子夫婦、1歳の孫と一緒に旅行に行きたいな」と穏やかな表情で話す。「催し物を通じて地域住民との絆が年々深まっていると感じる。これからも皆様と一緒に町の発展に尽力していきたい」と前向きだ。持ち前の明るさと元気で地域の輪を広げていく。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク