高津区版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

千年新町子ども会相談役で、子どもたち対象の職業体験を企画した 保科 卓也さん 千年新町在住 44歳

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

子どもたちに一生の財産を

 ○…高津、中原区内のコンビニエンスストアと協力し、千年新町子ども会として初の職業体験を行なった。「今後も子どもたちの自立心を育むイベントを企画していきたい」と意欲を語る。

 ○…千年新町で生まれ育つ。橘小、橘中卒。幼少期から好奇心旺盛な性格で、ダンスや演劇など興味を持てば果敢に挑戦する少年時代を過ごした。自身も子ども会のOBで「友達と野球や追いかけっこ。友情を深めた楽しい思い出はどれも鮮明に覚えている」と振り返る。23歳の時に服飾関係の会社に入社。大手百貨店の営業担当を任され、俳優の及川光博さんがテレビドラマ『相棒』で着ていたシャツのデザイン企画にも携わった。高校時代にコンビニのアルバイトで店長から仕事に取り組む姿勢や責任感、楽しさを学び、社会人になってからも役立った。そうした自身の経験を次世代に伝えたいという思いから38歳でコンビニ経営を開始。現在は中原区内にあるファミリーマート2店舗のオーナーを務める。

 ○…子ども会に携わったのは、長男が小学生になった時に知人から頼まれたことがきっかけ。「先輩方からバトンを受け継ぎ、次は自分が楽しませる番かなと」。子ども会の発展を模索し、今回の職業体験以外にも文化系のイベントなど新しい企画を積極的に考案。仕事との両立が大変なときもあるが、まちで子どもたちから「こんにちは」と元気よく挨拶されると「逆に元気をもらって、疲れも吹き飛びます」と笑う。

 ○…趣味も特技も料理で和食から洋食までお手の物。休日には2人の息子、妻に手料理を振る舞うクッキングパパだ。「学校や家庭以外でも、子どもたちに一生の財産となる思い出をつくってあげたい」。熱い想いを胸に、これからも子どもたちのために走り続ける。

高津区版の人物風土記最新6

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

野村 幸平さん

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した

野村 幸平さん

宮前区在住 40歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク