高津区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める 丸山 佑樹さん 溝口在住 38歳

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena

挑むは「共創の街づくり」

 ○…「溝の口は何でも揃うし便利。だけど何か魅力に欠けるなって考えていたんです」。その理由の一つにこだわりを持つ「個人店」が少ないことを上げる。初期投資や家賃の高さが出店のハードルを上げていると考えつくるのが「共創型シェアマーケット『ノクチラボ』」だ。集合住宅1階部分を使い、飲食店、物販など6店舗が場所をシェアして営業する。開業を検討している人など、自身が「いいな」と感じた人や店に声をかけた。「魅力や才能が開花した店が増えること」それが街の魅力につながるという。

 ○…2年前、溝口に飲食店を開店。地元の農家や音大生、パン屋などさまざまな人や店とコラボしてきた。「店は1人でやるのではなく、みんなで創るもの」。さらに俯瞰すると「街づくりは1店舗ではできない」とも。魅力ある店舗が増えるためには-。構想や仕組みを親交のある地元不動産などに相談して半年、ノクチラボが形になった。

 ○…群馬県出身。教師を務めていた両親から「教員だからと厳しく育てるのは辞めた」と言われたことが心に残る。「『自分で考え自由に生きなさい』と大きな覚悟で言ってくれたと思う」。大学ではDJにのめり込み出演者50人ほどのイベントを手掛けていた。企画、PR、チーム運営、コラボの面白さを知ったのもこの経験が大きい。「あえて客層の全く異なるチームと組んだり。大切なのは『同じ理念の人と組むこと』。やっていることは変わらない」と笑う。

 ○…マルシェ巡りが趣味でも仕事でもある。いいものと出会うために「感覚をフルに研ぎ澄まして回る」。必ず作り手に話しかけ、どんな人が、どんな思いを込めているのかを聞く。「こだわりがあることは価値だから」。作品に込められたストーリーを広める街づくりに挑む。

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter