高津区版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

フロンタウン生田 住民説明会 月末に 市、川崎Fと契約へ

経済

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
完成イメージ図=市提供
完成イメージ図=市提供

 川崎フロンターレが運営を担う生田浄水場用地の新スポーツ拠点「フロンタウン生田」(仮称)の整備計画について、川崎市は同社と基本協定を締結。同浄水場に隣接する多摩区内10カ所の町会を対象に、11月22日に町会長、26日には住民向けの事業説明会を開く。市は案内ちらしの配布などで周知を図る。

多機能を集約

 今回の住民説明会を経て、市は川崎フロンターレと20年間の土地貸し付け契約を結ぶ予定。川崎フロンターレが運営するのは約3万3千平方メートルの貸し付け用地で、人工芝のサッカー公式グラウンド2面や屋内外のテニスコート、スポーツ整形・リハビリ施設の設置を計画中。2022年秋の完成を目指す。

新たな集いの場

 川崎フロンターレの事業計画では、市上下水道局が整備する約1万5千平方メートルを含む、約4万8千平方メートルの土地を新たなスポーツ拠点施設「フロンタウン生田」(仮称)と定義。フロンタウンさぎぬま(宮前区)や本拠地の等々力陸上競技場(中原区)、練習場の麻生グラウンドなど市内各拠点との連携を図る。スポーツと文化を主軸に、地域の集いの場を市民に提供し、健康促進や青少年育成に貢献したいとしている。

 同社担当者は「健康寿命アップを掲げ、多種目のスポーツ場を提供するとともに、サッカーを中心にしたクラブ下部組織の拠点、防災コミュニティとしての機能も果たしたい」と展望を示す。

 市が運営するふれあい広場も一体的に整備を進めていく。市地域防災計画に基づき、災害時の一時避難場所としても機能させる方針だ。

 整備を行う更地は、市の水道事業の再構築により、工業用水施設を残して2016年に閉鎖された生田浄水場の浄水場部分。老朽化等により約50年後に更新を迎える工業用水施設の建て替え用地で、空いた更地を有効利用しようと、市がスポーツ拠点の整備計画を15年に策定していた。

高津区版のローカルニュース最新6

「本年は何事もなく平和な年に」

再犯防止に連携強化を

高津区保護司会

再犯防止に連携強化を 文化

1月24日号

「今年も氏子が中心となり盛り上げたい」

60回目の研修大会

川崎市幼稚園協会

60回目の研修大会 教育

未来の幼児教育像、講演も

1月24日号

往年の名曲を歌う

法政大学神奈川県校友会

往年の名曲を歌う 文化

参加者を募集中

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 教育

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

愛された味、37年歴史に幕

溝口初の老舗洋食店

愛された味、37年歴史に幕 文化

建て替えで1月末閉店

1月24日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク