高津区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

区長かわら版 このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 今年も桜の季節となりました。

 区内の桜の名所のひとつである「久地円筒分水」は、二ヶ領用水を流れる水を川崎堀など4つの支流に一定の割合で分ける施設です。この周辺地域では江戸時代から、二ヶ領用水をめぐっての水争いが絶えることなく、昭和16年に平賀栄治が、当時としては最も理想的かつ正確な自然分水の方式であった円筒分水の技術を取り入れて、現在の久地円筒分水の施設をつくりました。平成10年には川崎市で初めて、国の登録有形文化財に登録されています。

 この円筒分水は昔から区民の皆様に親しまれており、溝口駅北口キラリデッキ広場のモチーフにもなっています。また、今年の「スプリングフェスタ」は残念ながら中止となりましたが、来年は築造80周年を迎え、関係者の皆様の間では記念イベントも検討されているようです。

 高津区の誇りでもある久地円筒分水、これからも多くの皆様に親しまれ、そして大事にされ続けて欲しいと思います。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その3 高品千鶴子さん

4月3日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

3月27日号

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その2 高品千鶴子さん

3月27日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第10話 その1 高品千鶴子さん

3月20日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その5 斉藤 マキ子さん

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク