高津区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

地方交付税 市、6年ぶり「対象」か 税収大幅減で来年度

経済

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が来年度、国からの地方交付税で市の財源を補う「交付団体」になる可能性が浮上した。新型コロナ感染拡大に伴う税収減やふるさと納税による市税流出の影響などで、307億円の収支不足が見込まれるため。交付団体になれば2015年度以来。市資金課は「地域経済の活性化を図る」とし、税収回復を目指す。

 交付団体の可能性については、10月5日の市議会決算審査特別委員会で、市財政局の三富吉浩局長が述べた。

 地方交付税は、国の基準で算出する財政力指数が1を下回った地方自治体に配分される。市は16年度から、地方交付税に頼らず財政運営をする不交付団体で、今年度は政令市で唯一。だが、コロナによる景気の落ち込みやふるさと納税での流出などが要因で、220億円の減収を見込む。社会保障費等の増加もあり、来年度は全体で307億円の収支不足が生じ、指数が1を下回る見通しという。

 来年度の事業への影響について、市資金課は「予算編成に着手したばかりで、影響の程度は現時点で不明。交付を受けることで市民の生活が大きく変わることはない」との見方を示す。

「コロナ下は必要」

 都市問題を研究する川崎地方自治研究センターの板橋洋一理事長は、国に頼らない運営が理想としつつも、「平時と非常時は分けて考えるべき。コロナ下では、行政サービスを保つために交付を受けた方が良い」と話す。一方で、「コロナ以外の要因で交付となることがあれば、単に税収減によるものなので見過ごせない」と指摘する。

 市の過去3年の平均指数は1・028。1をわずかに上回っているに過ぎず、豊かとは言えない状況。交付の有無は国からの補助金の補助率にも反映される。1を大きく上回らない限り、不交付であることが不利になる場合もある。財源回復への道筋について同課は、川崎じもと応援券の発行や無利子の融資による地域経済の活性化、ふるさと納税の返礼品に中小企業の工業品を加えることによる販路拡大を挙げる。同課は「景気回復を後押しし、税収増につなげたい」と展望を示す。

高津区版のトップニュース最新6

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

住宅地で回復基調

高津区基準地価

住宅地で回復基調 経済

利便性、居住環境で影響

10月1日号

最多11公演、無事に完走

溝ノ口劇場

最多11公演、無事に完走 文化

「コロナ禍明け」に向け弾み

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook