高津区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

区内在住加藤さん 念願のコゼット役に 帝国劇場で「レミゼ」公演

文化

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
過去出演作品と次回作のポスターを手に笑顔の加藤さん
過去出演作品と次回作のポスターを手に笑顔の加藤さん

 高津区在住の女優・加藤梨里香さん(22)のミュージカル「レ・ミゼラブル」への出演が決まった。来年5月から7月に帝国劇場で公演する。3度目の挑戦にして主演級ヒロイン「コゼット」役をつかみ取った。

 ミュージカルの金字塔「レ・ミゼラブル」。加藤さんは、不遇の幼少期を経て、マリウスと恋に落ちるヒロイン・コゼット役を演じる。

 オーディションには過去に2度挑戦するも、落選。「実力不足だった。今回はこの作品に関わりたいという熱意を伝えきれた」と振り返る。今回の役どころは高音域のソプラノ。これまでに演じたことがない新境地だ。「周囲からも意外だと言われるが、これを機に演技や歌の幅が広がれば」と話す。

 現在は次回出演作品の稽古の合間を縫って、来年の公演に向けてボイストレーニングに励んでいる。

 挑戦のきっかけは、17歳で主演を務めた舞台「花より男子」のオーディション。「レ・ミゼラブル」の曲が課題曲だった。加藤さんは「この舞台で、たくさんの人との縁が広がり、新たな仕事にもつながった思い入れのある作品。そのきっかけとなった作品に携われる喜びを実感している」を噛みしめる。

実家は梨農家

 実家は区内で多摩川梨を生産する地元農家。一人娘で、家族はサポートを惜しまない。「生活面でもすごく協力してもらっている」と感謝する。子役時代から含めると女優歴は20年。舞台に立つ怖さは常にあるというが、「生の楽しさがある。日々磨き上げ、より良い演技ができたときの達成感や観客からの拍手がやりがい」と話す。

 公演に向け、加藤さんは「これまで積み重ねてきたものを出し切って、全力で挑みたい」と意気込みを語っていた。

高津区版のトップニュース最新6

“メタル尺八”量産化へ

久地早川製作所

“メタル尺八”量産化へ 社会

高精度の品質を実現

11月27日号

高津署、防犯協会と協定

第一生命(株)川崎支社

高津署、防犯協会と協定 社会

川崎市内では初の取組み

11月27日号

防げ「2度目のクラスター」

高津警察署

防げ「2度目のクラスター」 社会

地元企業が抗菌施工

11月20日号

中高生に「投資の概念」を

中高生に「投資の概念」を 社会

坂戸の高橋さんが入門書

11月20日号

オンラインで国際交流

洗足学園中学校

オンラインで国際交流 教育

11月13日号

大山街道で謎解き

高津区

大山街道で謎解き 文化

「密」避ける新企画

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク