高津区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

北見方第1第2球場 自主管理で地元利用、増加 土・日の状況もガラリ一変

スポーツ

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
練習する川崎宮前ドリームス=6月26日
練習する川崎宮前ドリームス=6月26日

 多摩川の河川敷にある「北見方第1球場」と「第2球場」で、活動する地元野球チームの利用が増加している。川崎市は不正登録などによる「球場予約の激化」を受け、昨年10月からハガキによる抽選に変更。さらに4月からは高津区や宮前区の軟式野球関係者に利用調整を委託するなど、公平性を保つ策が奏功。遠方のチームの独占状態だった土、日、祝日の利用状況も一変した。

4月の再開に合わせ

 同球場の利用予約をめぐっては、これまでは市が公共施設利用予約システム「ふれあいネット」で管理していた。しかし、昨年7月に不正ログイン操作でアカウントが大量にロックする事態が発生し、ハガキによる申し込みに変更となるなど、構造的な問題が指摘されていた。地元の野球関係者は「数年前から土日の予約は倍率が高すぎて全く取れなかった」と振り返る。

 さらに川崎市は、整備や不適切利用などを理由に北見方第1、第2球場の使用を今年1月から3月まで休止。4月からの使用再開にあたり、宮前区と高津区の軟式野球関係者が設立した利用調整団体「川崎・北見方軟式野球協議会」に管理を委ねた。同協議会には現在、主に宮前区・高津区の68チームが加盟し、調整し合いながら北見方球場を利用している。

「地域のノウハウ」導入

 川崎硬式野球協議会での行政と一体となった球場管理が評価され、新団体の代表となった加藤純一さんは「軟式球場で硬式球の使用などが続いていることが分かり、地域による自主管理の仕組みを進言した」とこれまでのノウハウを取り入れた経緯を語る。

 また、宮前区に関しては元々野球専用のグラウンドがなく、市議会でも野球グラウンド確保に努めていく方向性が共有されていた。さらに2016年、市議会に提出された「請願」が採択されたことも同区が利用調整団体に加わった理由の一つとみられており、今回の球場利用の拡大は、地域の課題解決に向けた5年越しの取組みが結実した格好となっている。

 中学生クラブチーム「川崎宮前ドリームス」の石倉周監督は「毎週のように練習できる環境になった。近隣中学校との交流の場にもなっている」と話した。高津区の関係者からも「利用再開後は水捌けが良くなった印象。皆で大事にグラウンドを使っていこうという機運の高まりを感じる」といった声が聞こえるなど、各方面に好影響をもたらしている。
 

高津区版のローカルニュース最新6

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

3カ月、全館休館

川崎市民プラザ

3カ月、全館休館 社会

老朽化のため大規模工事

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

終盤戦イベント目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦イベント目白押し スポーツ

川崎にまつわる企画も

9月24日号

「9月大会」はプロ仕様で

ムサシボウル「新トーナメント」

「9月大会」はプロ仕様で スポーツ

激戦2日間に25人が参加

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook