高津区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

久地第二町会 中学生からの手紙に感激 通学路の見守り活動で

コミュニティ教育

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
22日に行われた贈呈セレモニーの様子
22日に行われた贈呈セレモニーの様子

安全のため13年

 久地第二町会(栗田栄治会長)で活動を続ける「久地いきいきクラブ」に8月22日、感謝のメッセージが記された寄せ書きが贈られた。

 この送り主は、近隣にある西高津中学校の生徒有志。久地いきいきクラブは同中学校の安全な登校を見守る「スクールガードリーダー」を13年にわたり務めており、メンバーは毎朝通学路の要所に立ち生徒の安全確保に尽力してきた。

正門前に「ご招待」

 こうした日頃の行動に感謝の意を伝えるべく、同校の3年生有志が7月下旬に招待状を送付。「8月22日の8時30分に正門前で待ってます」といった旨が記載されており、日曜日早朝のセレモニー開催を通知。突然ながら嬉しい誘いを受けたクラブのメンバーたちは当日、中学校の正門前を訪れ、生徒の歓待を受けていた。

今後の活動にも弾み生徒との意見交換も

 中学校の正門前で行われたセレモニーの中で、同クラブに贈られたのは、全校生徒から募ったメッセージカードを取りまとめた寄せ書き集と、お手製の通学旗。気持ちのこもったプレゼントを受取ったメンバーからは「今後の活動にもやる気がでますね」などといった声が聞かれ皆、嬉しそうな表情をみせていた。

 また、生徒側からは「スクールガードリーダーとしての想い、やりがいは?」「西中生に伝えたいことはありますか」といった質問が投げかけられ、メンバーから「おしゃべりに夢中になり背後の自転車に気付いていない事があるので、気を付けて」などといった注意が喚起される場面も。単なる贈呈式に終始するのではなく、学校外部から生徒を見守っている大人からの意見を募る有意義な場とした生徒たちはこうした声を集約し、朝会の場面などで全校共有していくという。

学校側「想い伝われば」

 今回の取組みをサポートした同校・田口亮教諭は「活動は『何かやってみたい』という希望に沿った、3年生のカリキュラムの一環。遠くから見守ってくれる人の想いが、多くの生徒達に伝われば」と話している。

贈られた感謝のメッセージは212人の生徒から寄せられた
贈られた感謝のメッセージは212人の生徒から寄せられた

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook