高津区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

子母口囃子保存会 KSPで「2年ぶりの舞」 川崎高津RC宴席で披露

文化

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
笛や太鼓にあわせ獅子舞などが会場を盛り上げた
笛や太鼓にあわせ獅子舞などが会場を盛り上げた

 子母口囃子保存会(遠藤勝太郎会長)のメンバーが1月6日、坂戸にある「ホテルKSP」で2年ぶりとなる舞を披露した。長引くコロナ禍で昨年に続いて新春祝賀行事が大幅に縮小・中止となる中で、久しぶりの大きな出番となったメンバー達は、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮。一様に晴れやかな笑顔をみせていた。

 同会によるお囃子は、地域文化を後世に伝えようという地元有志らの熱意によって、2019年頃から続けられているもの。本来であれば、正月に獅子やひょっとこ等が舞い踊りながら子母口にある4つの町会などを練り歩き、近隣住民の幸せや安心して暮らせるように、といった願いを込めた「邪気払い」を披露。年頭の風物詩として区内各所で親しまれている。

コロナ禍の鬱積(うっせき)晴らす

 ところが昨年、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、こうした催し事が軒並み中止に。今年も高津区が主催する賀詞交歓会が取り止めになるなど、新春の情景が一変し、同会メンバーにとっては晴れの舞台が大幅に奪われる事態となっていた。

 今回、2年ぶりとなるお囃子の本格的な出番を設けたのは「川崎高津ロータリークラブ(RC)」(伊藤壽一会長)。同じ子母口で企業を営む伊藤会長は「(同会の活動に)少しでも力になれれば」と、ホテルKSPで行われたRCの賀詞交歓会にお囃子を招へい。日頃練習を重ねてきたメンバー達は、この間の鬱積を晴らすかのように、見事な舞を披露。RC会員からの万雷の拍手を受け皆、清々しい表情を浮かべていた。保存会の遠藤会長は「こうした場を頂けた事はメンバーの励みになります」と、謝意を述べていた。

メンバーを代表し謝辞を述べる遠藤会長(右端)
メンバーを代表し謝辞を述べる遠藤会長(右端)

高津区版のトップニュース最新6

「マルシェ」で界隈に活気を

区内溝口

「マルシェ」で界隈に活気を 経済

来月4日 地元信金が初実施へ

5月20日号

「保留児童」減少続く

高津区

「保留児童」減少続く 社会

市全体も4年連続減に

5月20日号

感染症拡大防止に一役

NPO法人手を洗おう会

感染症拡大防止に一役 文化

啓発目指し絵画の募集も

5月13日号

「サークル祭」本格再開へ

高津市民館

「サークル祭」本格再開へ 文化

15団体が日頃の成果披露

5月13日号

記念動画を公開

高津区制50周年

記念動画を公開 社会

魅力を紹介 「未来につなぐ」

5月6日号

「AS(エージシュート)」ついに1000回

区内在住田中菊雄さん

「AS(エージシュート)」ついに1000回 スポーツ

“ゴルファーの夢”大台到達 

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook