高津区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

高津区 「保留児童」減少続く 市全体も4年連続減に

社会

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は今月、保育所等利用の待機児童に関する4月1日時点の情報を公開。希望の入所先に入れない保留児童数は4年連続で減少し、前年比294人減の1552人だった。一方、高津区の保留児童は75人減少し203人に。市内で2番目の減少幅となった。

 市内の4月の保留児童数は、2960人だった2018年以降は減少傾向が続き約半数に。特に利用児童数が多いエリアではこの傾向が顕著にみられ、今年、高津区は中原区(77人)に次ぐ75人の減少となった。また、就学前児童数に対する利用割合は49%で、多摩区や中原区(共に50・5%)と並び市内上位の水準を維持している。

待機ゼロ2年続く

 コロナ下では育休延長のために利用申請を行う傾向もみられ、市内保留児童の半数近い767人は育休関係。次いで、認定保育園など市の保育施策で対応する児童が330人、特定の保育所等の希望者は307人だった。

 市全体の就学前児童数は6年連続で減少し、前年比3135人減の7万3611人。一方、保育所等の利用申請者数は709人増の3万6107人、利用児童数は1003人増の3万4555人でいずれも過去最多だった。待機児童数は昨年に続いてゼロで、15年と17年に達成して以来、2年連続は初。福田紀彦市長は11日の会見で、「引き続き多様な保育受け入れ枠を用意し、それぞれのニーズに合ったもに応えたい」としつつ、「就学前児童数が急速に減っている。市全体としては枠は余ってきている傾向にあり、必要なところをこれまで以上にきめ細かく見て施設整備等をすることが必要」と語った。

高津区版のトップニュース最新6

高津は中原と「新18区」に

衆院区割り案

高津は中原と「新18区」に 政治

宮前は市またぎ新設区へ

6月24日号

「吃音者(きつおんしゃ)」の一歩を支援

「注文に時間がかかるカフェ」

「吃音者(きつおんしゃ)」の一歩を支援 社会

梶ヶ谷に1日限定で開店

6月24日号

県空手大会制し全国へ

久末在住金子るるなさん

県空手大会制し全国へ スポーツ

妹と共に、大舞台に臨む

6月17日号

体操で地域を元気に

坂戸御嶽神社

体操で地域を元気に 社会

町会と主催、交流の場へ

6月17日号

「自宅点滴ケア」利用して

妊婦のつわり

「自宅点滴ケア」利用して 社会

地元看護チーム、呼び掛け

6月10日号

「降誕会」笑顔と共に

久末蓮花寺

「降誕会」笑顔と共に 文化

6月15日、3年ぶり開催へ

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook