多摩区版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

リアルな演技で駅前騒然 バスジャック対策訓練

現場には緊迫した雰囲気が流れた
現場には緊迫した雰囲気が流れた

 多摩警察署(三留秀樹署長)が今月9日、バスジャック対策訓練を登戸駅前バスロータリーで行った。今年11月に千葉で発生したバスジャック事件を受けて行われたもの。多摩消防署と相模神奈交バスが協力した。

 訓練は、興奮して意味不明な言動を繰り返す男が乗客を人質にとってバスに立てこもるという想定で行われた。

 犯人役は役者のアルバイトをした経験のある同署地域課勤務の北林敏さん。凶器の傘を振り回し、迫真の演技で取り囲んだ警察官たちを威嚇した。通りがかった駅利用者の多くが驚いて足を止め、周囲は実際の事件さながらの騒然とした状況となった。

 訓練は、犯人と警察官がにらみ合う間に別の警察官が乗客を救出。男が興奮してバスから外に出たところを複数の警察官が制圧した。

 訓練に協力した相模神奈交バス菅生営業所の山田新一所長は「これからの時期はお酒を飲む機会が増えることもあり、万一のときの対処を訓練できたのは有意義だった」と話した。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク