多摩区版 掲載号:2012年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

「踏切では一時停止を」 生田でキャンペーン

社会

踏切での一時停止を呼びかけた
踏切での一時停止を呼びかけた

 多摩区交通安全対策協議会が先月28日、生田駅周辺で交通安全キャンペーンを行い、自転車のマナーアップや踏切での一時停止を訴えた。同協議会の関係者約50人と小田急グループの職員15人が参加した。秋の全国交通安全運動の一環。

 メンバーは歩行者や自転車利用者、信号待ちの運転手にボックスティッシュやガムなどの啓発物品を配布しながら呼びかけた。

 小田急電鉄の担当者によると、横浜銀行生田支店近くにある生田1号踏切では、踏切内に車が一時的に閉じ込められたケースが昨年度1年間で56件発生したという。「全線200以上ある踏切の中で、ここは毎年10位以内に入るほど事案が多い。信号のある交差点までの距離が近いのが原因。前の車が進行したのを確認してから踏切に進入してほしい」という。

 同協議会副会長の宮原喜代治さんは「先日、生田で(自転車が関連した)死亡事故が発生したばかりなので、気を引き締めていきたい。生田は坂道が多いので、自転車のスピードが出すぎてしまうこともある。十分気をつけてほしい」と話している。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク