多摩区版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

JR稲田堤駅 市が整備計画を発表 橋上駅舎化で自由通路も

川崎市が発表した稲田堤駅の整備計画図(市の発表資料より)
川崎市が発表した稲田堤駅の整備計画図(市の発表資料より)

 川崎市は22日、JR南武線稲田堤駅の橋上駅舎化について、具体的な整備計画を発表した。線路の上に橋をかけ、自由通路と改札口を設ける計画。2017年頃の完成をめざすという。

 川崎市が市議会まちづくり委員会に対し、南武線駅アクセス向上等整備事業の取組みとして整備計画を報告した。

 JR南武線稲田堤駅を巡っては、改札口が北側(川崎方面側)にしかなく、南側への移動には踏切を横断することが必要で不便とされてきた。遮断時間が長く、滞留した歩行者と自動車との接近といった危険性も指摘されていた。

 今回、市が発表した整備計画によると、現在の改札口付近の線路両側に階段とエスカレーター、エレベーターを設け、自由通路と改札口を設置する。改札口とホームを結ぶエレベーターも設置する。2014年度に工事に着手し、17年度に完成させる方針。

 市は同様に津田山駅についても橋上駅舎化する方針を決めた。エレベーター付き跨線橋整備案も検討してきたが、利便性を考慮して橋上駅舎とした。

 中野島駅については、稲田堤駅の整備が進み次第、橋上駅舎化する方針としている。

 また、宿河原駅は既存の跨線橋にエレベーターを設置する工事を進めていて、今年度中に完成させる計画。稲田堤、中野島、久地の3駅の整備後に橋上駅舎化の整備を検討するとしている。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク