多摩区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

臨海部にビーチバレー拠点 プロ選手の育成と支援

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
国内大会の会場としても利用されている川崎マリエン
国内大会の会場としても利用されている川崎マリエン

 世界に通用するビーチバレー選手の育成を目的に「一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブ」が発足された。スタッフは日本ビーチバレー連盟前理事長の瀬戸山正二さんら元五輪選手たち。臨海部の川崎マリエン(東扇島)を拠点に4月から本格始動する。

 設立の背景には日本のビーチバレー界の人材不足がある。ロンドン五輪では女子が出場権を逃し、男子も本戦で全敗した。浅尾美和さんや朝日健太郎さんら人気選手の引退も続いた。

 「リオ五輪では一人も選手が出場できないのでは」。

 危機感を抱いた瀬戸山さんらが4面のビーチコートやナイター設備、トレーニング施設が揃う川崎マリエンに設立することを決めた。

 同クラブの行う事業は▽プロチームの運営▽16歳以上の選手を対象としたアカデミー事業▽地域での競技普及活動――の3つ。プロチームの設置はトップ選手に対して集中して練習に取り組める環境を提供するのが狙い。現在、日本の第一線で活躍している選手の中にも、アルバイトやスポンサー探しを自ら行う選手が数多く存在するという。運営費は、スポンサー収入やアカデミー受講料、個人サポーターや団体パートナーの会費で賄い、選手の負担を軽減する。

 地域に密着した育成環境も大きな特徴。教室や大会、定期的なイベントを開催し、ビーチバレー文化の定着を図る。

 地域に根ざして選手育成を行う意義について瀬戸山さんは「スクールやアカデミーで育った選手が活躍すれば、地域の人も応援したくなるはず。その応援は必ず選手の力になる」と話す。

 問い合わせは同クラブ(【電話】044・287・6085)。

多摩区版のローカルニュース最新6

夜長フェアに17店

中野島北口

夜長フェアに17店 経済

商店会初 秋の新企画

10月23日号

ぬり絵でハロウィーン

ぬり絵でハロウィーン 社会

登栄会 加盟店に作品展示

10月23日号

今年は「黄金と誕生石」

今年は「黄金と誕生石」 文化

よみうりランド イルミ始動

10月23日号

愛情注ぎ、開花の時

愛情注ぎ、開花の時 文化

ばら苑ボランティア会

10月23日号

「財政白書」 を発行

市職労・自治研センター

「財政白書」 を発行 経済

10月23日号

家庭で果樹育て方入門

家庭で果樹育て方入門 文化

緑化センター

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク