多摩区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

臨海部にビーチバレー拠点 プロ選手の育成と支援

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
国内大会の会場としても利用されている川崎マリエン
国内大会の会場としても利用されている川崎マリエン

 世界に通用するビーチバレー選手の育成を目的に「一般社団法人川崎ビーチスポーツクラブ」が発足された。スタッフは日本ビーチバレー連盟前理事長の瀬戸山正二さんら元五輪選手たち。臨海部の川崎マリエン(東扇島)を拠点に4月から本格始動する。

 設立の背景には日本のビーチバレー界の人材不足がある。ロンドン五輪では女子が出場権を逃し、男子も本戦で全敗した。浅尾美和さんや朝日健太郎さんら人気選手の引退も続いた。

 「リオ五輪では一人も選手が出場できないのでは」。

 危機感を抱いた瀬戸山さんらが4面のビーチコートやナイター設備、トレーニング施設が揃う川崎マリエンに設立することを決めた。

 同クラブの行う事業は▽プロチームの運営▽16歳以上の選手を対象としたアカデミー事業▽地域での競技普及活動――の3つ。プロチームの設置はトップ選手に対して集中して練習に取り組める環境を提供するのが狙い。現在、日本の第一線で活躍している選手の中にも、アルバイトやスポンサー探しを自ら行う選手が数多く存在するという。運営費は、スポンサー収入やアカデミー受講料、個人サポーターや団体パートナーの会費で賄い、選手の負担を軽減する。

 地域に密着した育成環境も大きな特徴。教室や大会、定期的なイベントを開催し、ビーチバレー文化の定着を図る。

 地域に根ざして選手育成を行う意義について瀬戸山さんは「スクールやアカデミーで育った選手が活躍すれば、地域の人も応援したくなるはず。その応援は必ず選手の力になる」と話す。

 問い合わせは同クラブ(【電話】044・287・6085)。

多摩区版のローカルニュース最新6

「食品備蓄」 大切さ発信

食育月間

「食品備蓄」 大切さ発信 教育

区展示 分科会がレシピ協力

6月18日号

日本代表に川崎3選手

駅スタンプを一新

駅スタンプを一新 文化

 小田急 全70駅で今月から

6月18日号

マスクケースを制作

マスクケースを制作 文化

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

生きづらさ声に出して

生きづらさ声に出して 社会

若者 座談会

6月18日号

環境守るポスター

環境守るポスター 社会

科学館展示

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter