多摩区版 掲載号:2014年4月11日号 エリアトップへ

市民投稿で生き物マップ 川崎市が今月から運用

掲載号:2014年4月11日号

  • LINE
  • hatena
かわさき生き物マップのページ
かわさき生き物マップのページ

 川崎市は1日、インターネットの市民の投稿で市内の生物の生息状況を地図上に記す「かわさき生き物マップ」の運用を開始した。この取り組みは県内初の試みで、市は市民に活用を呼びかけている。

 生き物マップは、都市計画情報や防災情報などをインターネットの地図上で閲覧できる「ガイドマップかわさき」を活用したもの。市民が発見した生き物の場所を地図上に記し、コメントや写真を添付することができる。例えば春なら、ツクシやタンポポ、タヌキ、チョウ、カワセミなど11種の情報を募集している。

 3カ月毎に募集する情報を更新し、季節毎に見ることができる生き物をまとめる。現在は、市内の小学校の協力で得たセミの情報をモデルとして掲載している。

 マップづくりは、川崎市が3月31日付で策定した「生物多様性かわさき戦略〜人と生き物のつながりプラン」の一環。生き物情報の募集を通じて市民が身の回りの自然に目を向けるきっかけをつくり、市内の生き物情報の蓄積を図る目的がある。市環境局によると、こうした市民の情報提供による生き物マップづくりは静岡市でも取り組んでいるが、インターネットを通じて市民が直接書き込める仕組みは全国の自治体では珍しい。県内では初めての試みという。

 ただ、運用開始後1週間の投稿は6件で、市の担当者は「情報が蓄積されれば1つの指標として活用できる。多くの人に情報を投稿してもらいたい」と話す。
 

多摩区版のトップニュース最新6

登戸駅でホームドア試行

JR東日本

登戸駅でホームドア試行 経済

新型導入へ、影響を検証

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

駅伝部男子 初関東へ

稲田中

駅伝部男子 初関東へ スポーツ

合言葉は「オールアウト」

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

店舗誘致の呼び水に

区画整理登戸2号線

店舗誘致の呼び水に 経済

「まちなか遊縁地」あす20日

11月19日号

多摩区内、新たに5件

市地域文化財

多摩区内、新たに5件 文化

第4回で計49件 市内最多

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook