多摩区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

川崎市 保育所利用に新基準 新制度で見直し案発表

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 来年4月の「子ども・子育て支援新制度」の導入に伴い、川崎市は11日、保育所利用の新たな基準案を発表した。保育を必要とする認定の条件を拡大し、世帯の状況によって優先的に受け入れる項目を盛り込んだ。市は市民の意見を募るパブリックコメントを8月12日まで実施する。

就労時間でランク細分化

 国が定める新制度は待機児童数の減少や地域の子育て支援の充実を目的に来年4月から全国で施行される。保護者の申請を受けた各市町村が客観的な基準に基づき認定を区分し、給付を支給する仕組みとなる。

 川崎市の新たな基準案は現行の「保育所入所選考基準」をもとに作成した。

下限は月64時間

 保育が必要と認定される就労時間の下限は、これまで通り64時間以上とした。新基準では保育の必要量を「標準時間」と「短時間」の2つに区分。保護者の多様な就労形態に対応するため、これまでの「就労日数と1日の実働時間」から「月の総就労時間」で判定することに変更し、優先ランクを細分化した。現行の認定項目に▽求職活動中▽就学中▽虐待やDVのおそれがある▽育児休業中で別に保育を利用している子どもがいる――の事由を加えた。

 また「ひとり親世帯」と「生計中心者の失業世帯」、「児童に障害がある」といった場合、同ランク内で優先されるように改めた。

 市の担当者は「これまでよりも基準を細分化させ、就労時間のより長い人が預けやすいようにした。世帯や本人の状況が変化すればその都度申請して認定を受け直してほしい」と話している。

パブコメ12日まで

 基準案は市のホームページや各区役所の市政資料コーナーなどで閲覧できる。意見募集は8月12日まで。意見は所定の方法で提出する。市は25日から31日にかけて市内4カ所で説明会を開く。

 問い合わせは川崎市市民・こども局こども本部保育事業推進部保育課(【電話】044・200・3727)。

多摩区版のトップニュース最新6

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

「母の塔」で誓う 永遠の愛

「母の塔」で誓う 永遠の愛 社会

美術館の縁、特別挙式に

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク