多摩区版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

聖マリアンナ医大学病院 来春「勤務犬」導入へ 患者の心をケア

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
闘病中の子どもと触れ合う勤務犬(今月10日)
闘病中の子どもと触れ合う勤務犬(今月10日)

 犬と触れ合って闘病中の心を癒して――。聖マリアンナ医科大学病院(尾崎承一病院長/宮前区)が動物介在療法(アニマル・アシステッド・セラピー/AAT)の導入を目指している。来年4月から院内に「勤務犬」を常駐させる計画で、実現すれば大学病院として全国初となる。

 現在国内では2か所の小児医療施設に施設常勤勤務犬(ファシリティドッグ)が導入され、AAT活動が行われている。患者に犬が付き添うことで麻酔導入時の使用量が軽減したことや、小児がんの治療で精神的な安定をもたらす効果などが報告されているという。

 同病院では教職員有志でAAT活動を2年前から始めた。日本盲導犬協会と日本介助犬協会の協力で、これまでに13回の活動を行っている。

 患者とその家族に行ったアンケートでは93%以上の人が「効果があった」、導入に関しては97%が「賛成」と回答を得たという。また、昨年11月の病院内での署名活動では2000人を超える賛同もあり、今年4月、検討委員会が正式に発足した。

 検討委員会の中心人物の1人として活動してきた同病院附属のブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック師長佐野政子さんは「常にストレスを抱える患者さんをケアするためにも、導入を実現させたい」と話す。

 11月1日に同病院で行われる一般市民向けのイベントで紹介ブースを設置する予定だという。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

ホーム等々力盛り上げへ一役

ホーム等々力盛り上げへ一役 スポーツ

武蔵小杉駅 壁面に選手

10月11日号

「体育の日」無料体験

「体育の日」無料体験 スポーツ

多摩スポーツセンター

10月11日号

4匹に新たな飼い主

4匹に新たな飼い主 社会

愛護フェアでネコ譲渡会

10月11日号

紙芝居で「災害備えて」

紙芝居で「災害備えて」 社会

講座に親子35組

10月11日号

紺野さんら朗読と音楽

自慢の鉢植コンテスト

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「体育の日」無料体験

「体育の日」無料体験

多摩スポーツセンター

10月14日~10月14日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク