多摩区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

JAセレサ川崎 大型直売所2号店を出店 宮前区内に来年10月

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
麻生区のセレサモスの店内
麻生区のセレサモスの店内

 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎・柴原裕代表理事組合長)は、大型農産物直売所「セレサモス」の2号店を宮前区宮崎に出店する。10月の理事会で決定した。オープンは来年10月を予定している。

 セレサモスは08年に麻生区黒川にオープンしたJAセレサ川崎のファーマーズマーケット(大型農産物直売所)。「市内唯一の大型直売所」として人気を誇り、今年6月に来場者200万人を達成した。

 JAセレサ川崎によると、「セレサモスがある麻生区は川崎市内で最北部なので、市の中心部にも大型直売所がほしい」との声が組合員から寄せられていたという。

 2号店の出店場所は宮前区宮崎2丁目(JA全農かながわの牛乳工場跡地)。名称は「セレサモス宮前店」。敷地面積約7000平方メートルに2階建ての店舗を建設。110台の駐車場を確保し、ツアー客などに対応するため、大型バスの駐車場も設置するという。売場は1階で面積は約300平方メートルを予定し、2階は多目的スペースとして料理教室の利用などを想定しているという。敷地内には農業資材を販売する店舗も併設する計画という。

 JAセレサ川崎は「2号店を出店することで、川崎の地場野菜のさらなるPRにつながるはず。地域の農業の発展にも寄与したい」としている。

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地に看板第2号

向の岡工業高

生田緑地に看板第2号 社会

「戸隠不動口」 3年生が製作

1月14日号

火災8件増で年間42件

多摩区

火災8件増で年間42件 社会

2021年 市内は過去5年最多

1月14日号

登戸・遊園 ARが一新

登戸・遊園 ARが一新 社会

区画整理のスポット追加

1月7日号

「禍」転じ「福」の50周年に

「禍」転じ「福」の50周年に 政治

藤井区長 2022年へ決意語る

1月7日号

変わりゆくまちの姿

多摩区登戸・遊園

変わりゆくまちの姿 経済

区画整理あと4年、新施設も

1月1日号

川崎の新時代へ「挑戦」

世代・立場超え、互助広める

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook