多摩区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

久地歯科保健センター 休日急患診療終わる 歯科医師会が存続模索も

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
久地歯科保健センター
久地歯科保健センター

 市内4カ所で行われている川崎市歯科医師会の休日急患診療のうち、久地歯科保健センター(高津区久地2の15の16)の診療が3月29日で終了した。

 市内の歯科休日急患診療事業は、川崎市歯科医師会が神奈川県と川崎市から補助を受け、事業を行っている。久地歯科保健センター(高津区)のほか、歯科医師会館(川崎区)、中原歯科保健センター(中原区)、百合丘歯科保健センター(麻生区)がある。

 診療終了について、川崎市は「日曜、祝日に診療する歯科医院が増加してきて、休日急患診療の需要が減っている」との見解を示す。久地歯科保健センターの休日急患診療の利用者数は2013年度(72日間)は325人、08年度は381人だった。

 事業を実施している川崎市歯科医師会は「休日急患診療は、地域の救急医療で、セーフティーネットの1つ。警察や消防などと役割は一緒」として存続の方法を模索していた。

 また同会の担当者は「確かに日曜・祝日診療の医院も増えている。しかし、かかりつけの医院が全て休日診療に対応しているわけではないし、医院の都合で休む場合もある」とし、「ゴールデンウィークや年末年始など利用者数が多い時期だけでも診療を継続させたかった」としている。

 事業に対する補助金の変更もあった。県は2015年度予算編成で歯科休日急患診療に対する補助金を廃止。市の歯科医師会に対する同事業の補助金も約4000万円減となっている。

 県の事情に詳しい関係者は「県は補助金廃止の代替措置として、在宅診療の拠点整備の補助を用意していた。終了には、県の補助金以外の理由があるはず。久地の歯科保健センターの老朽化なども背景にあるのではないか。県内自治体の休日急患診療は市内1カ所がほとんど。4カ所の川崎は多い」と話す。

 久地歯科保健センターでの在宅寝たきり高齢者歯科診療と心身障害者(児)歯科診療は継続する。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

市内バス クラフト作品に

川崎市

市内バス クラフト作品に 文化

素材を提供、写真公募も

5月14日号

鮮やかに、色づく花園

生田緑地ばら苑

鮮やかに、色づく花園 文化

春の一般開放 見頃つづく

5月14日号

免疫力知り病の予防へ

免疫力知り病の予防へ 社会

24日講演

5月14日号

「里親制度」身近に

「里親制度」身近に 社会

22日 講演や体験談

5月14日号

子育て支援スキル養う

子育て支援スキル養う 教育

全9回講座

5月14日号

川崎市、集団接種を開始

コロナワクチン

川崎市、集団接種を開始 社会

次回予約受付は15日

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter