多摩区版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

きょう24日区内小売店 2番目の規模 いなげや川崎登戸店開店

経済

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
オープンするいなげや川崎登戸店
オープンするいなげや川崎登戸店

 株式会社いなげや(本社東京都立川市/成瀬直人代表取締役社長)がきょう24日、中野島の日立マクセル株式会社スリオンテック跡地に「いなげや川崎登戸店」をオープンする。

 延床面積は4488平方メートル(1360坪)、売り場面積は1947平方メートル(590坪)。駐車場は176台を収容する。区内の大規模小売店舗としては、登戸にあるダイエー向ヶ丘店に次いで2番目の大きさ。

 新店舗は従来の生鮮・惣菜食品売り場に加えて、衣料品店「しまむら」や歯科医院、接骨院などの店舗を集めたショッピングセンターとなる。同社が川崎市内に出店する8店舗のうち、ショッピングセンターの形態は初めて。

 近隣の「ina21川崎登戸新町店」を閉鎖した跡地にはドラックストア「ウェルパーク」や「ダイソー」が出店を予定している。

創業者は地元に縁

 いなげやの創業者、猿渡浪蔵翁は多摩区と東京都稲城市の境辺りにあった農家の出身。商人になることをめざし、農家を出て1900(明治33)年に甲武鉄道(現中央線)立川駅前に「稲毛屋魚店」として創業したいう。「稲毛屋」の名は鎌倉時代に出身地一帯を治めていた武将・稲毛三郎重成にちなんだもの。今回の移設オープンの際にも同社の成瀬社長らが、稲毛三郎重成公木像が祀られている廣福寺(枡形6の7の1)に参拝し、原点の地で安全を祈願したという。

 同社の広報担当者は「地域のお役立ち業として、より皆様に身近に感じてもらえる店舗にしていきたい」と話している。

■いなげや川崎登戸店/中野島2325の1/【電話】044・922・5070/午前9時から午後10時45分まで。

多摩区版のトップニュース最新6

「サイダー」 中野島から躍進

お笑いコンビ

「サイダー」 中野島から躍進 文化

8月末、初の単独ライブ

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月23日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク