多摩区版 掲載号:2016年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

八雲神社で「お日待ち講」 伝統行事で無病息災

文化

多くの住民が参加した「お日待ち講」
多くの住民が参加した「お日待ち講」
 菅の八雲神社で15日、年始恒例の伝統行事「お日待ち講」が開催された。正月のしめ飾りなどを焼く「どんど焼き」が行われ、訪れた住民らは1年の健康を祈願していた。

 多くの近隣住民が正月飾りを持参して訪れると、主催の菅氏子会のメンバーらが甘酒や団子を振る舞った。寒空の下、訪れた人々は「温かい」「甘くておいしい」と味わっていた。午前10時からは社殿で神事も行われた。

 「お日待ち講」は本来、ある決まった日の夜に近隣の仲間が集まって籠もり明かし、翌朝の日の出を拝む行事を指す。八雲神社では毎年1月15日に開催され、住民が互いの親睦を深め、無病息災を祈る場となっている。

 菅氏子会の濃沼晴治会長は「地域の人々も興味を持って参加してくれた。これから菅で暮らす人たちに(行事を)伝えていくことも大切」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6件

「バンバンなら私もいける!」

新台入替8月13日9時10分オープン!最新機種、続々登場!新台は16時~予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

臨港部の夏フェス 今年も

臨港部の夏フェス 今年も

ベイキャンプ 9月に開催

9月8日~9月9日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク