多摩区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

市政報告 稲田堤駅橋上化の早期実現を 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 2月8日に行われた川崎市議会まちづくり委員会で川崎市は、JR南武線中野島駅に暫定的な臨時改札口を設置することを発表しました。2017年度中に設計し、18年度中の供用開始を目指します。これにより、同駅が最寄りとなるカリタス学園の児童生徒や周辺住民らは、これまで改札口がなかった上り側ホームから踏切待ちをせずに通学することが可能になります。

 これは、2010年に策定された「南武線駅アクセス向上方策案」に基づくもので、改札口のない反対側へ移動するにあたり踏切を横断する駅利用者の安全確保と利便性向上を図るため、JR南武線の溝ノ口駅より北に位置する片側改札口の5駅(稲田堤駅、中野島駅、宿河原駅、久地駅、津田山駅)を対象にしていました。特に、稲田堤駅と津田山駅については橋上駅舎化に取り組んでおり、さらには、橋上化が特に効果的とされる稲田堤駅においては整備を最優先と位置付けていました。

 しかし、稲田堤駅周辺の立地特性や施設配置計画の制約などから、事業用地の取得が難航しており、当初の計画よりも遅延、長期化しているのが現状です。そこで市は、先行して中野島駅の臨時改札口設置を決定しました。

 両駅の1日の乗降者数を比較すると、稲田堤駅は5万1286人、中野島駅は2万9014人と稲田堤駅の方が約2万人も多い状況が伺えます。そのほか、踏切横断についての歩行者交通量も中野島駅より稲田堤駅の方が上回っています(下表参照)。

 このように、稲田堤駅も早急に対応が必要な駅であることは間違いありません。市は、土地収用法の適用も視野に入れて工事の早期着手を推進するとしていますが事業の長期化が予想されます。用地確保は引き続き尽力するのはもちろんですが、事故が起きる前に、稲田堤駅にも暫定的な臨時改札口の設置を今後も求めていきたいと思います。

川崎市議会議員 ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-946-6027

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

市政報告Vol.1

災害対策・登戸区画整理の安全対策に注力

川崎市議会議員 吉沢章子

8月9日号

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

市政報告

どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり

川崎市議会議員 かがみまさひこ

7月26日号

本市の空き家対策の現状と課題

市政報告

本市の空き家対策の現状と課題

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

高齢者施策に全力、国と連携強化

「すがわら進」市政報告

高齢者施策に全力、国と連携強化

地域資源生かし 「住みよい多摩区」へ

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク