多摩区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

師弟ともに「白寿・傘寿」 菅小二四会が祝う会

社会

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

昔の友は、今も友――。川崎市立菅小学校の卒業生が5月16日、80歳の傘寿と当時担任教諭だった石井絹子さん(99)の白寿を祝う「祝賀の集い」をかまど本店(高津区久地)で開催し、22人が出席した。

 集いを主催したのは「菅小二四会」(濃沼晴治会長)。1950年に同校を卒業した1組と2組の2クラス75人が所属し、これまで70歳の古希や77歳の喜寿などを祝うため、節目ごとに集い教諭と共に祝ってきた。2007年の第1回目の開催から、今回で5回目となる。

 濃沼会長は「当時の先生と生徒が白寿と傘寿を同時に迎えるのは珍しい。健康な体があるからこそできること」と感慨深げ。

 1950年代の多摩区の世帯数は約7700世帯(資料「川崎市の人口)より)。自然が豊富で、寿福寺(菅仙谷)の裏山に植物を観察に行ったり、多摩川の河川敷に石の勉強に行ったりと、よく授業として学外に出かけていたという。そんな生徒たちを石井さんは「いい子たちでしたけど、よく叱っていたような気がする。いたずら好きでじっとしていないから」と振り返り、「今も皆さんと食事ができることが嬉しい」と微笑んだ。

 参加した上原亮三さん(79)は定年退職後から地元の友達と会うようになったという。「いいことも悪いことも皆知っているから、顔を見ているだけで懐かしい。よく皆、頑張ってきたなと感じる」と上原さん。

 濃沼会長は「友達はお金じゃ買えない。私の財産。毎回、感謝の気持ちを込めて開催している」と意義を語った。

当時の1組=菅小二四会提供
当時の1組=菅小二四会提供

多摩区版のローカルニュース最新6

アウェーで2勝

川崎BT

アウェーで2勝 スポーツ

連勝6、好調維持

4月9日号

22年ぶり「日本一」

市内中学生水球チーム

22年ぶり「日本一」 スポーツ

稲中生4人がメンバーに

4月9日号

サボテンにっこり

サボテンにっこり 文化

緑化センター

4月9日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月9日号

開放日、のびのびと

開放日、のびのびと スポーツ

生田緑地ゴルフ場

4月9日号

自動車文庫たちばな号

自動車文庫たちばな号 文化

月2巡回

4月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク