多摩区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

長沢・塔之越地区 B29墜落の真実 後世に

社会

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
自宅で保管するB29のタイヤに触れる関さん
自宅で保管するB29のタイヤに触れる関さん

終戦から72年を迎えたこの夏。さまざまな戦争体験が語り継がれる中、太平洋戦争末期の空襲で長沢の塔之越地区(現在の多摩区と麻生区の区境)に、米軍爆撃機B29が墜落したことを知る人は少なくなっている。

 1945年4月2日未明。当時の新聞報道によると、立川方面から火を噴きながら飛来してきたB29が空中分解し、「長沢山中の水田と竹藪の中へ」墜落したとされている。これは現在の南生田2丁目付近。胴体は水田の泥に深く埋まり、尾翼は500メートルほど離れた人家の裏山へ、エンジンは山林へ落下。搭乗員7人の遺体は墜落地の傍らにある稲荷神社に埋葬され、1年後に米兵が遺体を引き取りにきたという。

 南生田の関光子さん(74)の自宅には、この時のB29のタイヤが親の世代から受け継がれ保存されている。当時、タイヤは複数に切り分けられて各家庭に分配されたといい、「たらい代わりにしたり、裏面の綿糸を針仕事に使ったりしていたと聞いている。形に残っているのはこれだけではないか」と関さん。保管については、「貴重なものなので今後どうするか考えたい」と話す。

 西生田在住の遠藤恪さん(81)は当時小学4年生で、墜落現場を目撃した。「夜が明けてから見物に出かけた。炎上している機体の残骸に、兵隊さんがスコップで土をかけて消火していた」と振り返る。遠藤さんは「現在では事実を知らない人も多い」と、自身の体験も踏まえながら、墜落について書かれた郷土資料を4年前から収集している。最近では米軍の翻訳資料も入手し、攻撃の詳細を取りまとめた。遠藤さんは「貴重な写真やデータが多く残っている。当時を知る人が記録し、後世に残していかないと」と真っすぐに前を見つめた。

当時を知る遠藤さん
当時を知る遠藤さん

春の無料体験スクール開催中!

黒田ギター教室/ファーストステップス登戸校 体験当日入会で入会金無料!

https://k-gs.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

じもと応援券 第2弾へ

【Web限定記事】

じもと応援券 第2弾へ 経済

川崎市、発行総額60億円

2月26日号

市民館、集団接種会場に

【Web限定記事】

市民館、集団接種会場に 社会

市コロナワクチン 職場や学校でも

2月26日号

卒業前に「元気」を

よみうりランド

卒業前に「元気」を 教育

 市立小6年、3日間貸切へ

2月26日号

「はなもす」科学館特集

「はなもす」科学館特集 社会

区観光協会が発行

2月26日号

吉野君 二子山部屋へ

吉野君 二子山部屋へ スポーツ

向の岡工高から4人目

2月26日号

学生へ食料支援 始動

学生へ食料支援 始動 社会

区内企業らが連携

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク