多摩区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

磨けば光る多摩事業 音楽と絵 個性込め 障害児ら、集大成の発表会

社会

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
本番に向け、予行演習する講師と受講生ら=12日、宮前市民館
本番に向け、予行演習する講師と受講生ら=12日、宮前市民館

 障害のある子どもたちが出演する音楽と芸術の発表会が、多摩市民館で2月18日に開催される。川崎市の委託を受けて市民提案で行う「磨けば光る多摩事業」の一つ。一般社団法人カナウェル(岩永浩二代表)が企画する講座の受講生たちによる、集大成の場だ。

 今回の発表会は「多摩区障がい児の為の夢を叶えるチャレンジ教室」と題した、宮前区の団体「canawell」(カナウェル)による活動の最終回。当日は音楽と絵の二本立てで、受講生が「夢をかなえてドラえもん」の歌とピアノ伴奏、ピアニカや打楽器の演奏を披露。大きな色画用紙を舞台の壁に貼り、講師のギター演奏の音色を聴きながら、感じるままに絵を描く。

 この日に向け、障害のある子どもを対象に、同団体が音楽と絵画の無料講座2コースを全5回ずつ、昨年9月から月1回開講。区内在住の小学生と高校生12人が参加した。

 同団体では国の助成事業「子どもゆめ基金」を活用し、ダンスやマジック、ミュージカルをプロ講師らの指導のもと実演できる体験型教室を、県内の養護学校を中心に一昨年から実施。これまで1日限りの開催だったが、「複数回コースで受けたい」との要望を受けて今回初めて実現した。

 鍵盤楽器を指導した、同団体理事で音楽担当のJENI(ジェニ)さんは「2、3回と日を重ねるごとに受講生との会話もはずむようになり、仲良くなれたのが大きい。保護者とも上達する喜びを共有できた」と手応えを語る。

 18日の本番は多摩市民館大会議室で午後1時30分から3時、参加無料。定員150人で入退場自由。

 区内の公益活動を、NPOや町内会など提案団体が区に代わり実施する「磨けば光る多摩事業」は、06年度に開始。今年度は公募8団体から、カナウェルとNPO法人多摩川エコミュージアム、丘の上カフェ実行委員会の3団体が選ばれた。

多摩区版のトップニュース最新6

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

2年ぶりアベック全国

生田HCボンバーズ

2年ぶりアベック全国 スポーツ

男子きょう、女子あす初戦

8月2日号

開設案、「幸せなまち」掲げ

多摩区SDC

開設案、「幸せなまち」掲げ 社会

総合庁舎1階、年度内に

8月2日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

還燈会、24日に

春秋苑

還燈会、24日に

錦野さんライブも

8月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク