多摩区版 掲載号:2018年2月23日号
  • LINE
  • hatena

TARO賞 「芸術はロック」に最高賞 4月15日まで作品展

文化

 次代のアーティストを発掘する「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)の授賞式が2月15日、川崎市岡本太郎美術館(枡形)で行われた。最高位の岡本太郎賞に「さいあくななちゃん」(26)=写真=が選ばれた。

 岡本太郎の精神を継承し、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を評する同賞は今年で21回目。応募総数558点のうち、26組の作家が入選した。岡本太郎賞のほか、岡本敏子賞に弓指寛治さん(31)、特別賞に市川ヂュンさん(32)、冨安由真さん(34)、ユゥキユキさんが選ばれた。

 さいあくななちゃんは「絵、さいあく」とののしられたことを逆手に取って自らつけた名前。受賞作品の「芸術はロックンロールだ」は、約5年間に制作した作品を壁面に集約したもの。「苦しい時、音楽が助けてくれた。ロックがあったから生きて来られた。そんなロックみたいな絵を」と、1日も休まず描き続けている。審査員からは「負の力を進んで引き受けた彼女のパワーは今回の展示でもベラボーなまでに発揮されている」と評された。

26作品が一堂に

 入選作品は4月15日まで、同館に展示されている。開館は午前9時30分から午後5時。月曜、3月22日、23日は休館。会期中、関連イベントを不定期で開催。詳細は同館ウェブサイトへ。

 問い合わせは【電話】044・900・9898。

「バンバンなら私もいける!」

向ヶ丘遊園駅南口【ポラリス】12月7日(金)16時~リニューアルオープン!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

消防現場で情熱地道に汗、42年

地域で粉骨砕身 vol.4 ――秋の叙勲 受章者に聞く

消防現場で情熱地道に汗、42年

12月7日号

「生の音楽」響かせ、ひとつに

区内16件、文化財に

「100年に1度」開花

緑化センター 温室のアガベ

「100年に1度」開花

12月7日号

メガネナカジマが受賞

県優良小売店舗表彰

メガネナカジマが受賞

12月7日号

睡眠と運動 考える

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

睡眠と運動 考える

睡眠と運動 考える

15日 武田病院講演会

12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク