多摩区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

大塚製薬 「医療」「介護」で多職種連携 パーキンソン病 軸に70人

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 パーキンソン病(PD)における地域連携を考える「多職種連携の会」が、多摩区内の医療、介護従事者を中心に昨年から取り組まれている。主催するのは大塚製薬(株)。国が進める地域包括ケアシステムの一つとして、同社のサポートのもと連携が進んでいる。

 PDでは、治療の長期化や医療費の高額化、患者と家族の高齢化などが課題となっているという。そこで在宅医療など、地域全体で患者を支える多職種連携を推進しようと同社が会を企画。登戸内科・脳神経クリニックの加茂力理事長、多摩ファミリークリニックの大橋博樹院長を中心としたメンバーで始動し、昨年9月には診断と治療の知識向上、今年3月には服薬に関する課題について勉強会が開催された。

 今月12日には、「みんなで考える多職種連携とは」と題し、3回目のプログラムを麻生区で開催。医師や看護師、薬剤師、ケアマネージャー、病院のソーシャルワーカーら70人が参加した。ソーシャルワーカーの澤口陽子さんがPDに関わる各制度について解説したほか、大橋院長が実際の症例を紹介=写真上。加茂理事長、あうん介護センターの中馬三和子さんの進行で行われたディスカッションでは、「専門医との連携、多職種だから気づく視点」をテーマに、PD患者への対応ついて多様な意見が交わされた。

 参加した介護支援専門員連絡会多摩区代表の福岡真理子さんは「職種の垣根がなくなり、介護の立場として相談しやすくなる」と強調。加茂理事長は「PDは介護と医療の両方で長期的に考えないといけない。モデルケースとして、全国に広められるツールを作っていけたら」と話していた。

 次回は11月の開催を予定。大塚製薬の担当者、後藤浩志さんは「ゆくゆくはより良い医療、介護が患者さんに届くようになれば」と思いを語った。

加茂理事長を交え議論する参加者
加茂理事長を交え議論する参加者

多摩区版のローカルニュース最新6

新会頭に草壁氏

川崎商議所

新会頭に草壁氏 経済

川崎信金会長 任期は3年

11月15日号

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演 社会

100周年記念で「市民公開講座」

11月15日号

10年ぶり本格CD

長尾在住歌手 山川こうたろう

10年ぶり本格CD 文化

11月15日号

災害時のトイレ学ぶ

生田中

災害時のトイレ学ぶ 社会

17日 避難所運営会議が訓練

11月15日号

3・11被災地支援へ公演

地域と40年、歩み続け

地域と40年、歩み続け 教育

枡形中学校 式典に500人超

11月15日号

せせらぎ館秋のまつり

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク