多摩区版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

多摩川梨 好天で「早く、甘く」

文化

梨の様子を確認する斉藤さん=7月30日
梨の様子を確認する斉藤さん=7月30日

川崎市の名産「多摩川梨」の収穫が区内各地の農園で始まった。今年は晴天の暑い日が続いたため、例年より早く甘みのある梨を楽しむことができるという。

 多摩川梨は多摩川流域を中心に収穫される梨の総称。「幸水」や「豊水」などさまざまな品種があり、「かわさき農産ブランド」にも指定されている。昭和初期の登戸周辺では観光農園として梨の販売が盛んに行われ、1970年ごろには最盛期を迎えたという。農園数は年々減少しているが、市内約100件で栽培が続く。

 菅仙谷の川崎市農業技術支援センターによると、今春は例年に比べ1週間ほど早く開花。収穫が早まり、8月の品評会も1週間前倒しで行うという。

 登戸にある「すみや梨園」の4代目・斉藤彰さん(42)は「天気が良く暑い日が多かったので、糖度が高く大きさも十分。『幸水』はお盆前、『二十世紀』などは9月中旬くらいまで楽しめるのでは」と話す。斉藤さんは、市内農園の若手後継者でつくる「チーム梨(り)ノベーション」の代表でもあり、会員同士で生育の確認や、剪定の講習会などを行っている。

 多摩川梨は各農園の直売所をはじめ、JAセレサ川崎の大型直売所「セレサモス」などで販売。詳細は同JAのウェブサイトで公開している。

NPO法人 川崎寺子屋食堂

【生徒募集説明会最終】3/24(日)10時~詳細は☎044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

「3・11」 復興祈り8年

「3・11」 復興祈り8年

「マイナンバー」楽しく学び

パーキンソン病明かして、完走

菅馬場在住・横山さん

パーキンソン病明かして、完走

3月15日号

3千人、スポーツ親しむ

少年サッカーで交流

多摩防犯協会

少年サッカーで交流

3月15日号

春のスポーツ教室 受講生募集!

プール・テニスも!申込は3月18日まで 川崎市多摩スポーツセンター

http://kawasaki-tamaspo.com/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク