多摩区版 掲載号:2018年11月9日号
  • LINE
  • hatena

百合丘高2年河合来夢さん ユース五輪 ブレークダンス2冠 初代女王に、市スポーツ特別賞

スポーツ

10月8日、女子個人決勝に挑む河合さん=(株)IAM提供
10月8日、女子個人決勝に挑む河合さん=(株)IAM提供
 アルゼンチンで先月行われた夏季ユース五輪に出場し、新種目のブレイキン(ブレークダンス)の女子個人と男女・国混合で優勝した県立百合丘高校(南生田)2年の河合来夢さん(17)。11月6日には、川崎市からスポーツ特別賞を受賞した。

 軽快な音楽が流れる中、相手選手と一対一で頭や手足を使って約1分間、跳んだり回ったりしてダンスを披露するブレークダンス。ダンサーネーム「Ram」(ラム)こと河合さんは、女子個人で10月7日の予選を勝ち抜き、8人が頂点を競う翌日の決勝へ。1カ月前の練習中に右肩の亜脱臼に見舞われ、完治には程遠い状態だった。ブレークダンサーで監督の石川勝之さん(37)にテーピングで固定してもらい、痛みをこらえて踊り切った。

 5月にカルッツかわさき(川崎区)で行われたユース五輪の最終予選にあたるユース世界選手権では、今までにない緊張感と重圧を味わったという。「自国開催と違って、アルゼンチンでは日本人の観客も少なくて、自然体で本番に臨めた」と河合さん。持ち味の気持ちと根性を武器に、「ケガが痛む中、めげずにこれだけ踊れたのは誇らしいし自信になった」と充実感をにじませる。

 個人の結果を踏まえ、男子12位のベトナム選手(18)とのペアで挑んだ混合団体。準備期間がほとんどない中、英語と身振り手振りで対話し、「勝っても負けてもお互い楽しく」と誓い合った。10日の予選を経て翌日、今大会2回目の決勝でも力を出し切り、2個目の金メダルを獲得した。「決勝は楽しむことより勝ちたい気持ちが上回った」と胸中を明かす。

「楽しさ届けたい」

 次の舞台は11月25日、川崎クラブチッタで行われる日本主催の世界大会「スーパーブレーク」に招待選手として出場する。結果にこだわる一方、「見る人もハッピーになれるように、笑顔で楽しく踊るのがモットー。立ち踊りがあって、音楽に乗って自分らしさを出すのがブレークダンス。技はもちろんだけど、踊りも見てほしい」と強調。今後の目標として、ドイツで来年行われる最も注目度の高い世界大会「バトル・オブ・ザ・イヤー」の出場権獲得を掲げる。

 ユース五輪では10月1日に出発し21日帰国。翌日、久々に登校し「おかえり」と温かく迎えられた。高校生としての生活も再びスタートしている。

 今大会からユース五輪の正式競技に採用されたブレークダンスは、10月7日から11日にブエノスアイレスで開催。15歳から18歳(今年12月時点で16〜18歳)の男女各12人、計24人が出場した。

金メダルを手に、展望を語る河合さん=スタジオウィーアー(宮前区)で11月2日
金メダルを手に、展望を語る河合さん=スタジオウィーアー(宮前区)で11月2日

「バンバンなら私もいける!」

向ヶ丘遊園駅南口【ポラリス】12月7日(金)16時~リニューアルオープン!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

献血呼びかけ40年

菅町会

献血呼びかけ40年

12月7日号

商業・温浴 自然と調和

遊園跡地利用計画

商業・温浴 自然と調和

12月7日号

公開授業に400人超

東菅小

公開授業に400人超

11月30日号

友風関が十両優勝

向の岡工業高校出身

友風関が十両優勝

11月30日号

IR誘致 情報確保へ

川崎市

IR誘致 情報確保へ

11月23日号

 半世紀の節目祝う

多摩消防関係3団体

 半世紀の節目祝う

11月23日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

睡眠と運動 考える

睡眠と運動 考える

15日 武田病院講演会

12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク