多摩区版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

白梅学園高ハンドボール 生中出身3選手 全国へ 地元凱旋、等々力で関東V

スポーツ

決勝で得点を重ねる大谷さん(左)、小宮山さん
決勝で得点を重ねる大谷さん(左)、小宮山さん

 市立生田中学校出身で、白梅学園高校(東京都小平市)のメンバーとして2月2、3日の関東高校ハンドボール選抜大会に出場した、2年の大谷彩乃さん(17)と小宮山果歩さん(17)、1年の木村百花さん(16)。川崎市とどろきアリーナで行われたトーナメントで3試合を勝ち抜いて優勝し、関東王者として3月の全国選抜大会に臨む。

 白梅学園は昨年11月の東京都秋季大会の女子決勝リーグを3戦全勝で制し、東京1位で関東選抜へ。とどろきアリーナと多摩スポーツセンターで行われた今大会には、男女各16校が出場。各都県1位と2位がそれぞれトーナメント戦に挑んだ。

 2日の初戦、白梅学園は県立栃木商業を33―14で下し、翌日の準決勝では県立富岡(群馬)を32―17で破って決勝に進出。県立水海道二(茨城)との頂上決戦では前半を22―3の大差で折り返すと、後半も得点を重ねて39―13で完勝した。

 大谷さん、小宮山さん、木村さんにとって地元開催となった今大会には、中学時代のチームメートも応援に来てくれたという。3人は「練習で積み重ねてきたことが出せた」と振り返り、「笑顔を大切に、日本一を目指して課題をクリアしていく」と語気を強めた。

 指導歴28年の須川文敬監督は「主将(高橋弥那さん)と共に攻守の要」と大谷さん、小宮山さんに厚い信頼を寄せる。身体能力が高いという木村さんは、今大会からゴールキーパーに起用。「チームとして目標の全国制覇を狙えるレベルにきている」。2015年の初優勝以来、4年ぶりの頂点を見据える。

生田の絆、力に

 生田小4年のとき、地元クラブの「ボンバーズ」でハンドボールを始めた大谷さんは、生田中ハンド部で小宮山さんと出会った。小宮山さんと後輩の木村さんは同じ三田小出身。大谷さんは中2の秋から主将として、小宮山さんはエースとしてチームをけん引してきた。当時、生田中に勤務し監督だった林裕輔教諭(37)は「練習は休みもなく本当によくやっていた。自分たちが進んだ道を信じて突き進んでほしい」と期待を寄せた。

 全国選抜大会は3月24日から6日間、埼玉県と千葉県で行われる。

ゴールキーパーとして出場した木村さん(上)。喜びを分かち合うメンバー
ゴールキーパーとして出場した木村さん(上)。喜びを分かち合うメンバー

多摩区版のトップニュース最新6件

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に

5月17日号

世界王座 奪取ならず

川崎新田ジム黒田選手

世界王座 奪取ならず

5月17日号

墨書の大役、長沢で祈願

「令和」揮毫(きごう)茂住さん

墨書の大役、長沢で祈願

5月1日号

駅前南口、今年度着手へ

登戸区画整理事業

駅前南口、今年度着手へ

5月1日号

子ども100人とアユ放流

川崎漁協

子ども100人とアユ放流

4月26日号

乗客増へ周知強化

長尾台コミバスあじさい号

乗客増へ周知強化

4月26日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク