多摩区版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

生田中 ハンド男子 初の全国 創部10年で県V 日本一へ

スポーツ

全国に挑む男子ハンドボール部のメンバー=今月8日、同校
全国に挑む男子ハンドボール部のメンバー=今月8日、同校

 神奈川県中学生ハンドボール新人大会・男子の部で昨年12月、初の頂点に立ち、3月23日に開幕する春の全国選手権大会へ挑む市立生田中学校(三田)。2008年の創部以来、地道に実力をつけてきた同校が「全国制覇」を掲げ、富山県で行われる24日の初戦に臨む。

 各都道府県の代表49チームがトーナメント戦を行い、日本一を決める春の全国大会。1年生9人と2年生10人の部員19人をまとめる、主将で部長の杉山博史君(14)は「入部したときから全国大会を目標にやってきた。顧問をはじめいろいろな指導者から教えを受け、多くの人たちに応援してもらっているので、勝つことで恩返しがしたい」と語気を強める。

 昨春着任した顧問の杉浦光教諭(28)は「試合中にミスしたらどう切り替え、次のプレーにつなげるか考えられるチームに成長してきた。県代表として胸を張って戦ってほしい」と思いを込める。

話し合い、意思統一

 全国出場を決めた当初は、目標を全員で共有できておらず、それぞれの姿勢に温度差があったという。「限界を決めたら成長はない」。杉山君を中心に部員同士で話し合いを重ね、年明けには思いを統一。今では「全国制覇」が、気持ちを入れる合言葉になっている。

 関東大会に準ずる12月末の「読売カップ」では、各都県代表の上位チーム11チームによる決勝トーナメントで3位に。46チームが出場した2月の県大会では優勝を果たし、手応えをつかんでいる。

 部員19人のうち、杉山君をはじめ12人は小学生ハンドボールクラブの生田HCボンバーズ出身だ。「休日に2年生同士で遊んだり、練習以外では学年に関係なくみんな仲良し」と杉山君。同クラブのヘッドコーチで、生田中では創部当時から外部指導員に携わる関口和之さん(57)は「全国では県内の他チームの思いも背負って、臆せずチャレンジ精神と積極的なプレーで頂点を目指してほしい」とエールを送った。

多摩区版のトップニュース最新6件

「市民創発」施設 検討へ

多摩区

「市民創発」施設 検討へ

4月19日号

川崎初の世界王者へ

新田ジム黒田選手

川崎初の世界王者へ

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月12日号

公明・河野氏がトップ

多摩区市議選

公明・河野氏がトップ

4月12日号

東地区に新たな玄関口

生田緑地整備方針

東地区に新たな玄関口

4月5日号

家庭ごみ回収に民間力

川崎市

家庭ごみ回収に民間力

4月5日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:01更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク