多摩区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

枡形山展望台 ひのき香る舞台、お披露目 築20年超 改修記念に催し

文化

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 生田緑地の枡形山展望台に備わる舞台が、このほど改修された。国産檜(ひのき)材を使った新たな舞台の完成を記念し、4月6日にはお披露目イベントが開催された。

 多摩区内の展望スポットとして人気の枡形山展望台は、1995年に建設。土台部分には能舞台として使える舞台が設置されていたが、この数年は老朽化で立ち入り禁止になっていた。東京五輪も近づく中、市は観光施設としての再整備を検討。昨夏からリニューアル工事を進めた。

 新しい舞台は岐阜県産の檜材を使用。組木による伝統的な構造を残しつつ、耐久性のある塗装技術や滑りにくい床板を用いるなど改良した。設計は(有)ノマド(中原区)、施工は登戸で100年以上続く地元企業の清宮建築(株)が担当。同社の清宮勝明代表は「元々の構造がよくできている。能舞台という特別なものに携わることができ、ありがたい」と振り返った。

 お披露目イベントでは、枡形山広場で花見を楽しむ来園者らを前に舞台を活用。和太鼓演奏や殺陣の演舞などが会場を盛り上げた。生田緑地の東口では、軽食販売やミニ縁日も行われた。

 市担当者は「檜の香る舞台として生き返った。今後イベント等で役立ててもらえたら」と期待する。生田緑地を運営する共同事業体の鈴木和久さんは「市と相談しながら舞台の活用を考えていきたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク