多摩区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

多摩区市議選 公明・河野氏がトップ 9議席に女性5人

政治

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする河野氏=7日、午後11時40分ごろ
あいさつする河野氏=7日、午後11時40分ごろ

 4月7日に投開票された川崎市議選多摩区選挙区は、現職と新人5人ずつと元職の計11人が9議席を争い、公明党の河野ゆかり氏(51)がトップ当選を果たした。今回は市内最多の女性5人が立候補し、全員が当選した。

 現職3人が今期限りで引退し、現職5人と元職、新人5人による選挙戦が展開された多摩区の市議選。市内選挙区で最多の女性5人が出馬したことでも注目を集めていた。

 トップ当選の河野氏は、公明党の単独候補として前回から3千票以上伸ばした。河野氏は「女性目線で生活者一人ひとりの小さな声に寄り添い、防災や子育て支援など課題改善に向けて働きたい」と力説。「(市議を)20年務めた菅原議員の後継としても、区民との約束を果たしたい」と語った。

 一昨年の市長選出馬で市議を辞職し、無所属で挑んだ元職の吉沢章子氏(55)は、前回より900票近く伸ばして3位に食い込んだ。吉沢氏は「前回から立場が変わり、足元を見直しながら手探りでやってきた」と振り返り、「多摩区は地域力が高い。チーム力で災害対策に取り組み、多摩区からモデルを発信していきたい」と抱負を語った。

 前回トップ当選だった橋本勝氏(44)は、吉沢氏と15票の僅差で2位につけた。「人口減や高齢化などこれからの課題に対応するためにも、行政に頼らない、持続可能な活力ある社会づくりを目指す」と気を引き締めた。

 現職は露木明美氏(64)、井口真美氏(57)、三宅隆介氏(48)を含む5人全員が当選。新人は上原正裕氏(40)、各務雅彦氏(48)、赤石博子氏(58)の3人が議席を獲得したが、井野大輔氏(47)、岡部裕三氏(40)は支持を広げられなかった。

県議選 土井氏が連続トップ

 現職2人と新人1人が2議席を争った県議選多摩区選挙区は、前回に続き土井隆典氏(59)が3万票以上を集めてトップ当選。土井氏は「県連の幹事長として全体を見渡しながら、多摩区ではチームワークを駆使して臨んだ」と振り返り、「超高齢社会を見据え、健康寿命の延伸や子育て支援、県立高校の改革に取り組みたい」と語った。

 現職の青山圭一氏(52)は2位当選の前回とほぼ同じ得票で議席を守ったが、新人の河野一馬氏(65)は及ばなかった。

投票率は微減

 投票率は市議選で市全体が41・45%、多摩区は41・69%で市内7区中4番目。前回から1・23ポイント減少した。

支持者に囲まれ、感謝を表す土井氏(中央)=7日、午後10時10分ごろ
支持者に囲まれ、感謝を表す土井氏(中央)=7日、午後10時10分ごろ

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク