多摩区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

栽培名人と名物店コラボ のらぼう菜をキムチに 福田市長へ完成報告

経済

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
福田市長を囲む高橋孝次さん(右から2人目)ら
福田市長を囲む高橋孝次さん(右から2人目)ら

 多摩区の伝統野菜「のらぼう菜」と川崎区の名物キムチ店がコラボした「のらぼう菜キムチ」が今月上旬まで販売された。今月10日には、生産農家と製造販売者が福田紀彦市長を訪問した。

 菅のらぼう保存会代表で地域特産物マイスターの高橋孝次さん(87)、キムチ店「おつけもの 慶 kei」を運営するグリーンフーズあつみ代表取締役の渥美和幸さん(48)ら5人が訪れた。

 のらぼう菜は約800年前の鎌倉時代から多摩区菅で栽培され、代々伝え続けられてきたという。市によると、現在は中原区以北で栽培され、2017年度の収穫量は1万3215キロだった。

 同店は、多くの焼肉店やキムチ専門店が軒を連ねる川崎区の中でも名物店として知られる。地産地消にこだわったキムチに力を注いでいることを知った川崎市産業振興財団が、栽培名人の高橋さんを紹介し、今年3月から販売。キムチをつくるにあたり、高橋さんから教わった色合いをよくする技術を取り入れたという。試食した福田市長は「食べてみて、なるほど、よく思いついた。チャンピオンクラス同士がお互いの強みを生かした最強タッグ」と絶賛した。

 最近はカステラなど、のらぼう菜とのコラボ商品が登場しているが、川崎南部とのコラボは初。高橋さんの妻、寛子さんは「キムチは想像もつかなかった」と驚く。今後は「質の高いのらぼう菜を普及させるためにも技術指導に力を入れたい」と高橋さんは語る。

完成したのらぼう菜キムチ
完成したのらぼう菜キムチ

多摩区版のローカルニュース最新6

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月21日号

初の地元公演「芸術身近に」

こんにゃく座

初の地元公演「芸術身近に」 文化

西法人会、たまこみ協力で

6月21日号

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

中野島に「蝶博士」

ウェブで図鑑公開

中野島に「蝶博士」 社会

6月21日号

梅雨晴れ、盛況に

梅雨晴れ、盛況に 文化

「川崎のあじさいまつり」

6月21日号

29日にプール開き

よみうりランド

29日にプール開き 文化

社員シンクロは13年目

6月21日号

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで 社会

7月7日 水辺交流会

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで

7月7日 水辺交流会

7月7日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク