多摩区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

非常ボタン「存在知って」 踏切事故ゼロへ、操作体験

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
非常ボタンについて説明する社員ら
非常ボタンについて説明する社員ら

 踏切における交通事故死ゼロを目指す安全啓発キャンペーンが5月17日、登戸駅ペデストリアンデッキで行われた。多摩区や警察、交通安全関係団体をはじめ、JR東日本と小田急電鉄から総勢60人ほどが参加。踏切でのマナーや非常ボタンの利用について通行人に呼びかけた。

 春の全国交通安全運動期間中の5月20日は「交通事故死ゼロを目指す日」。多摩区で昨年発生した交通事故は494件で、前年より50件近く減少し、負傷者数も減った。一方で、死亡事故は2件、過去5年で最多の3人が亡くなった。いずれも踏切で起きた事故だった。

 これを受け、大きな被害につながる踏切での事故死をなくそうと今回のキャンペーンを実施。当日は、踏切やホームに設置されている非常ボタンを用意し、駅利用者が操作を体験。危険を感じたらすぐにボタンを押すことや、警報音が鳴ったら踏切に入らないことなどを確認した。

 「多摩区は踏切事故が多い。実際に装置を見てもらうことで啓発になる」と多摩交通安全協会の原田弘会長。JR登戸駅の縄浩太郎駅長は「まずは非常ボタンの存在を知ってもらう必要がある。危険な状況を見つけたら踏切に入らず、まずはボタンを押してもらいたい」と語った。

 区や鉄道事業者が連携し、踏切の安全やマナーについて啓発するのは今回が初めてという。小田急同駅の栗原真仁駅長は「防災など、一つの登戸駅として今後も連携していきたい」と話していた。

踏切にある非常ボタン
踏切にある非常ボタン

多摩区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

「あじさい寺」見頃に

「あじさい寺」見頃に 文化

16日 長尾でまつり

6月14日号

33組、歌に踊りに

稲田地区老連

33組、歌に踊りに 文化

いこいの家まつり

6月14日号

有効利用へ意見交流

生田浄水場

有効利用へ意見交流 社会

事業者公募、今月末まで

6月14日号

新会長に濃沼氏

多摩区町連

新会長に濃沼氏 社会

6月14日号

障害越えふれあい

障害越えふれあい 文化

16日

6月14日号

各務 雅彦さん

自民党 市議・1期 (49歳)

各務 雅彦さん 政治

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク