多摩区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

多摩川に咲く 夏の大輪 狛江花火 川崎側に5万人

文化

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
二ヶ領せせらぎ館付近の会場から見た花火
二ヶ領せせらぎ館付近の会場から見た花火

 「令和元年狛江・多摩川花火大会」が8月7日に開催された。小田急線付近の両岸河川敷の会場にはおよそ13万人が来場(主催者発表)。川崎側は約5万人が訪れ、夏の風物詩を楽しんだ。

 台風で中止となった昨年の悔しさをバネに、主催の狛江市観光協会を中心に多くの協力で実現した今大会。あいさつに立った同協会の白井昇会長は「地域の寄付や協賛でここまでやってこられた。好天に恵まれ、令和元年の一つの思い出になれば」と語った。大会実行委員長の藤田克彦さんは「近年の花火大会は秋の開催が多い。ぜひ夏にやりたいと2年前から準備してきた」と思いを話した。

 両岸を結ぶ約200メートルのナイアガラ花火をはじめ、彩り豊かな花火およそ5千発が夜空に打ち上がった。来賓として観覧した多摩区観光協会の末吉一夫会長は「多摩区の企業や商店街も応援している。互いに連携して地域活性を目指せると感じた」と振り返った。

 狛江市の花火大会は2004年まで毎年行われていたが、財政上の事情で中断。10年と15年に市制施行記念として開催した。同市によると今後の開催は未定という。

多摩川に注ぐナイアガラ花火
多摩川に注ぐナイアガラ花火

多摩区版のローカルニュース最新6

かもめーるで振り込め防止

登戸郵便局

かもめーるで振り込め防止 社会

多摩署 協賛8社に感謝状

9月20日号

街角ピアノ、川崎駅前に

街角ピアノ、川崎駅前に 文化

市、10月6日まで社会実験

9月20日号

秋の夕刻、涼しく遊び

秋の夕刻、涼しく遊び 社会

緑化センター 初企画で盛況

9月20日号

生田の神輿、盛大に

生田の神輿、盛大に 文化

令和初の「例大祭」

9月20日号

十五夜に紅の明かり

民家園伊那のほおずき提灯

十五夜に紅の明かり 文化

9月20日号

心和む、坐禅と琵琶

心和む、坐禅と琵琶 文化

福昌寺 十五夜に50人

9月20日号

沖縄基地反対、川崎から

沖縄基地反対、川崎から 社会

新市民団体 民意を請願へ

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク