多摩区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

お笑いコンビ 「サイダー」 中野島から躍進 8月末、初の単独ライブ

文化

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
「衣裳はサイダーのイメージ。大事にしている」と水岡ともやさん(左)、武本よしふみさん
「衣裳はサイダーのイメージ。大事にしている」と水岡ともやさん(左)、武本よしふみさん

 中野島在住の水岡ともや(友弥)さん(19)と武本よしふみ(美文)さん(18)によるお笑いコンビ「サイダー」が8月29日、初の単独ライブに臨む。2年前には、高校生の漫才師日本一決定戦「ハイスクールマンザイ」に関東代表として決勝の舞台に立った2人。生まれ育った地元、中野島こども文化センターで練習を重ねている。

 「普通にボケて突っ込んでも勝てない。誰もやっていないのを研究した」。ボケとツッコミがないスタイルのお笑い「ハモリ漫才」を武器に、若手芸人としてフリーで活動するサイダー。今月、200人規模の都内ホールで初の単独ライブに挑む。

 2人は市立中野島小学校、中野島中学校の出身。こども文化センターや新多摩川ハイム広場が遊び場だった。小4で初めて同じクラスになり、そのあと再会した小6では他数人と「お笑い係」を担当。給食の時間などに漫才を披露していた。中2ごろから2人で漫才をやるようになり、水岡さんは県立生田高校、武本さんは駒場学園へと進学。高1の12月、マセキ芸能社主催のライブ出演権が得られるオーディションに最年少で合格。約100人の観衆を前に「いけるんじゃないかと思った」と初舞台で手応えを感じた。

 高2の夏、吉本興業が企画する「ハイスクールマンザイ」の動画審査を通り、地区大会を制して関東の頂点に。全国のべ646組の中から地区代表8組の一角として、なんばグランド花月(大阪府)の最終決戦の舞台に立った。「仲間ができて、プロでやろうという人たちもたくさんいた」。プロ志向が芽生え、同期芸人と主催ライブを企画するように。お笑いの道一本に絞ることも考えたが、半年ほど活動を休止し、水岡さんは上智大学、武本さんは専修大学(東三田)に今春、進学した。

夢は「面白おじさん」

 稽古場として通い続ける中野島こども文化センターで、2人は今春からボランティアとして登録。6月には、子どもたちの学習を支援する勉強会を開いた。谷本真由美館長は「2人は地域の子どもたちのことが大好き。センターのみんなも応援している」とエールを送る。

 向ヶ丘遊園駅前のカフェバー「マサツーセッツ」では月1回、お笑いライブに出演。オーナーの黒崎昌英さんは「情熱的で常連客からも愛されている。地域を代表するコンビとして後押ししていきたい」と思いを話す。「地元の方々は皆あったかい」と2人。水岡さんは「最終目標は『中野島の面白おじさん』」と笑った。

中野島こども文化センターで練習する2人=8月6日
中野島こども文化センターで練習する2人=8月6日

多摩区版のトップニュース最新6

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

せせらぎ館に「支援」自販機

せせらぎ館に「支援」自販機 社会

売上で美化推進、県内初

2月7日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

川崎生まれ果実酒 促進へ

川崎生まれ果実酒 促進へ 経済

市、県内初の「特区」申請

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク