多摩区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

多摩区役所生田出張所 校庭とつながる拠点に 事業者決定、21年夏開所へ

社会

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
提案された新庁舎イメージ=市提供
提案された新庁舎イメージ=市提供

 川崎市は多摩区役所生田出張所の建て替えを担う民間事業者をこのほど決定し、詳細を公表した。新庁舎の屋上と市立生田小学校下校庭をつなぐ通路を設けるなど、地域のコミュニティ拠点としての機能を拡充する提案内容が選定の決め手となった。

 市は昨年3月に策定した基本計画に基づき、新庁舎を「共に支え合う地域づくりを推進する身近な拠点」と位置づけ民間事業者を募集。2件の入札があり、株式会社NB建設(横浜市神奈川区)を代表企業とする「生田コミュニティ創造グループ」が選ばれた。入札価格は4億7130万。地上3階建てで、多目的スペースなど地域の要望に配慮した提案が評価を得た。

 特に注目されたのは、有効活用が求められていた生田小学校下校庭への動線。新庁舎に屋外階段を設置し、屋上から校庭へ通路が続く。「校庭が地域の広場となり、庁舎と連携した使い方ができる」と市担当者。また災害時の利用を想定し、空調やエレベーターの仕様など細部に工夫を凝らした機能も高評価だった。

 建て替えにあたっては一昨年、公募の意見交換会が3回行われ、地域の居場所として多世代が集う拠点となることが望まれてきた。老朽化が進んでいた多摩消防団中央生田班の器具置場も、同団の要望を踏まえた形で移転設置される。事業者選定懇談会の委員で、生田地区町会連合会会長の吉田輝久氏は「住民の声を届けるのが私の役割。皆さんの要望が実現可能な範囲で十分に反映された」と手応えを語る。

 生田出張所は昨年2月に仮庁舎(栗谷)へ移転。新庁舎は2021年5月に完成予定で、7月からの利用開始を目指す。
 

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク