多摩区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

枡形中学校区地域教育会議 立場超え見守り議論 「語る集い」 登戸小に40人

教育

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
グループごとに意見交換
グループごとに意見交換

 枡形中学校区地域教育会議(川鍋賢昭議長)は9月5日、今年度の「教育を語る集い」を登戸小学校で実施。PTAや町会役員、民生委員、教職員ら同校区(枡形中・登戸小)関係者約40人が参加し、子どもの見守りや青少年育成について議論した。

 川崎市の地域教育会議は子どもや学校教育の支援、生涯学習活動に取り組む住民自治の組織として、市内7区の全51中学校区に設置。住民と保護者、教職員、地域の代表らが連携し、学校運営や子育ての支援、協力体制づくりを推進している。

 5日の「教育を語る集い」では、5月28日の登戸新町での殺傷事件を踏まえ、多摩警察署防犯少年係のスクールサポーターを務める藤木清さんと、市総合教育センターの板橋美由紀さんが講演した。県警OBの藤木さんは、捜査経験をもとに不審者対策や子どもの見守りについて要点を説明。「ほんの少しの工夫で誰もが見守りできる。気負わずできる人ができる所で、できることをやってほしい」と呼びかけた。

 菅中学校などで勤務した元教員の板橋さんは、スクールカウンセラーのまとめ役として市内学校に携わる。この日はカウンセラーの仕組みや役割をはじめ、子どもとの接し方や心のケアについて解説。「緊急時は特に大人が落ち着くことが大切。子どもを日々観察し、日常との違いに気づいてもらえれば」と心がけについて語った。

 数人ずつのグループに分かれての感想交流では、各々の世代、立場から意見を交換。登戸小の高津原洋一郎校長は5月の事件を振り返り、「(板橋さんの話を受けて)改めて地域と学校が連携できている地区だということが分かってよかった。今回のような顔が見える関係づくりの場を、今後も大切にしたい」と強調。登戸多摩川町会の会長を務める川鍋議長は「事件を受け、町会として何ができるか考えてきたが、難しい問題。私たちも一生懸命やるのみ。子どもに安心、安全を与えられるよう努めたい」と語った。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク