多摩区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

多摩区有志 南房総に支援物資 トカイナカ 西山さんら結束

社会

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
【右写真】車で出発する山本さん(左)。【左写真】土のう袋を手にする西山さん=山本さん提供
【右写真】車で出発する山本さん(左)。【左写真】土のう袋を手にする西山さん=山本さん提供

 多摩区の交流都市で、9月9日の台風15号により大きな被害を受けた千葉県南房総市に対し、区内を中心に支援の輪が広がっている。東生田の「トカイナカヴィレッジ」を拠点に活動する西山雅也さん(53)と、一般社団法人減災ラボ(横浜市中区)で理事仲間同士の山本美賢さん(56)が協力し、現地にブルーシートなど物資を輸送した。

 今回の活動は、農産物を手がけるトカイナカヴィレッジと、漁業が盛んな南房総市千倉地区等で活動するNPO法人「南房総リパブリック」が、数年前から「山と海」の視点で連携を模索していたことがきっかけ。山本さんは、台風上陸後に家屋の屋根補修のためのブルーシートが不足していると同法人から連絡を受け、調達に乗り出した。

 「被災地へ土のう袋を送るプロジェクト」に携わり、建築業を営む西山さんは山本さんの相談を受け、ブルーシートを押さえる土のう袋約700枚をはじめ家屋復旧に必要な資材を収集。土のう袋は、昨年の西日本豪雨後に集めた約300枚も含まれ、これらには以前から被災地支援に取り組む市立南生田中学校の生徒が励ましのメッセージや挿絵を描き込んでいる。

 同法人ほか現地からの情報をもとに、山本さんは資材に加え食糧や生活用品を車に積み込んで12日朝に出発し、復旧に取り組む工務店の協力を得て物資を送り届けた。

 「住宅が密集していない地区は特に、情報が行き届いていない印象だった」と山本さん。西山さんは「初期段階では、すぐにほしい物資が被災者に行き届かないケースが多い。弱者向けに、必要な物資をいち早く届けることが大切」と強調する。引き続き減災ラボを窓口に寄付金を募り、必要な支援に役立てたい考えだ。

続く友好都市交流

 多摩区は1994年、南房総市(旧千倉町)と友好都市宣言を交わして以来、秋の多摩区民祭と南房総市産業まつりで相互出展するなど、交流を続けている。何かできることはないかと、多摩区観光協会理事の宮本浩巨さん(59)は今月12日、単身で現地へ。南房総市役所を訪れ、電気や通信網が十分ではない中、必要な物資など最新の情報を集めて回り、SNSで発信した。宮本さんは「物資が集まっていても、住民に伝える手段がなく届けられていない状況だった」と振り返る。

 10月の区民祭に向けては、実行委員会が同市支援の活動を検討している。

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

ドラえもん装飾で賞

小田急線 登戸駅

ドラえもん装飾で賞 経済

グッドデザイン100に選出

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

緑と20年、新時代を歩む

岡本太郎美術館

緑と20年、新時代を歩む 文化

式典に100人 期待の声

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

浸水被害 区内で350件

台風19号

浸水被害 区内で350件 社会

菅・堰 罹災(りさい)証明臨時窓口も

10月25日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県調査、多摩区は136区域

10月25日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心と体の健康管理

心と体の健康管理

30日 武田病院

11月30日~11月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク