多摩区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

多摩区交流都市 南房総市、味覚お届け 区民祭 今年もブース出店

社会

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
多摩区民祭で南房総産の商品を売る渡辺社長(左)
多摩区民祭で南房総産の商品を売る渡辺社長(左)

 多摩区の交流都市で、2006年の7町村合併により誕生した南房総市(千葉県)が10月19日、今年も多摩区民祭にブースを出店。地場産の野菜や果物、魚介類の加工品などを販売した。

 多摩区は1994年の友好都市宣言により、当時の千倉町(現・南房総市)との交流を開始。両地区の一大イベントといえる「多摩区民祭」と現在の「南房総市産業まつり」に、それぞれ出店するなど親睦を深めてきた。

 南房総市の千倉地区で(有)さんすい漬物を経営する渡辺和夫社長(72)は、多摩区民祭のブース運営に携わり十数年。寿司の「がり」が主力商品の同社は、かつて取引で川崎市中央卸売市場北部市場(宮前区)を頻繁に訪れていたといい、川崎市とは深い縁がある。渡辺社長はこの日、きゅうりのからし漬けなど自社製品のほか、市内産の梅干しやみかん、レモンを販売。「毎年のように来てくれる常連さんもいてうれしい」と目を細める。南房総市は先月の台風15号で大きな被害を受け、同社の工場では屋根が飛ばされ、ブルーシートで補修。先週の19号でそれもはがれたという。「『大変でしたね』『大丈夫ですか』と声をかけてくださる方もいた」と感謝をにじませた。

 多摩区からは区観光協会が11月24日、南房総市産業まつりに出店。荻原圭一多摩区長も現地入りし、川崎市菓子協議会多摩麻生支部の和菓子の販売や、川崎市が推進する水素社会実現に関するPRを行う予定だ。

多摩区版のローカルニュース最新6

最優秀賞は「月昇る」

市観光写真コンクール

最優秀賞は「月昇る」 文化

一般の部・区民2人に優秀賞

4月16日号

「黄金さかな博」 目玉に

「黄金さかな博」 目玉に 文化

たまずん カワスイで20日から

4月16日号

性暴力根絶、訴え

川崎駅前

性暴力根絶、訴え 社会

フラワーデモに50人

4月16日号

長尾小 通学路安全に

長尾小 通学路安全に 社会

市教委 道路標識の協会へ感謝状

4月16日号

市民葬儀見直しへ

市民葬儀見直しへ 社会

意見22日まで

4月16日号

ペット同伴利用を試行

ペット同伴利用を試行 社会

緑化センター

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter