多摩区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

小金沢昇司さん 特別インタビュー 「安心した」が率直な気持ち

社会

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena
介護体験を語る小金沢昇司さん
介護体験を語る小金沢昇司さん

 「歌手の小金沢くん」のCMでお茶の間の人気者に、現在も演歌歌手や俳優として活躍する小金沢昇司さん(61)=大和市在住=は、かつて認知症の母の介護を経験。「介護のプロを頼ることで家族が穏やかになれた」と振り返る。

 --介護に至るまでをお聞かせください。

 「大好きだった母さんが亡くなって8年が経ちます。実家(大和市)は中華料理店で自分は3人姉弟の末っ子。2人の姉とは11歳と5歳離れていて両親も忙しく、誰も遊び相手になってくれませんでしたね(笑)。自分が31歳の時に父が亡くなってからは母が店を切り盛りしていました。母が70歳を過ぎて店を閉め、ほどなく認知症になり『要介護1』の認定を受けました。しばらくは自分と姉の家で面倒を見ていました」

 --自宅での介護は。

 「認知症が徐々に進み、歩くことも難しくなっていきました。体に触れることがいいと聞き、マッサージをよくしましたね。トイレの介助もしましたが、こればっかりは涙が出ました。トイレまで連れて行くのはいいんですが、パンツを下ろすのがどうしてもダメで。姉には『何いってるの。息子でしょ』なんて言われましたが。介護では『親を大切にする』という思いと別の感情にも向き合わなければならなかったですね」

 --有料老人ホームに入居したきっかけは。

 「自分にも姉にもそれぞれ家族がいます。幼かった子どもは介護を理解できません。『何でお父さんやお母さんが大変な思いをするんだろう』と感じていたようです。また自分は仕事がら留守がちで、妻や姉に負担をかけているという思いもありました。母が『要介護5』となり、いよいよ自宅介護は難しくなって。姉たちは『最後まで家で介護したい』と言いましたが反対を押し切るかたちで決断しました。5カ所ほど回り、幸運にも自宅に一番近い有料老人ホームにお世話になることができました」

 --老人ホームを利用して良かったことは。

 「初めは心配もありましたが、介護のプロがいて設備も整っていて『安心した』というのが率直な気持ちです。しばらくすると姉たちも『昇司、やっぱり良かったね』と口をそろえていました。子どもたちと一緒によくホームに行きましたね。同居していた時よりも、思いやる余裕ができたんだと思います。実際に母親がどう感じていたかは、認知症だったのでわかりません。ただ、『ホームに入っておばあちゃん元気だね』という子どもの言葉が今も胸に残っています。抱えていたさまざまな葛藤が救われた気がしました」

多摩区版のローカルニュース最新6

「食品備蓄」 大切さ発信

食育月間

「食品備蓄」 大切さ発信 教育

区展示 分科会がレシピ協力

6月18日号

日本代表に川崎3選手

駅スタンプを一新

駅スタンプを一新 文化

 小田急 全70駅で今月から

6月18日号

マスクケースを制作

マスクケースを制作 文化

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

生きづらさ声に出して

生きづらさ声に出して 社会

若者 座談会

6月18日号

環境守るポスター

環境守るポスター 社会

科学館展示

6月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月14(月)16:00開放予定!各店でコロナ感染予防対策中

http://www.prime777.co.jp/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter