多摩区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

川崎古式消防記念会 20周年 「火消の伝承者」求め

文化

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
多摩区消防出初式でまといを披露(1月)
多摩区消防出初式でまといを披露(1月)

 江戸時代の町火消など、古式消防の伝統文化を今に伝えようと活動している川崎古式消防記念会(木村政彦会長)が、今年発足20周年を迎えた。これまで、まとい振りや木遣り、はしご乗りの技術を、市内の行事や催しを通じて発信。しかし、時代の変化とともに、後世への伝承者不足が課題となっている。

 明治後期、とび職や大工を中心に川崎町消防組が誕生。戦時下で一度は廃止されたが、1954年には記念会の前身「川崎古式消防纏保存会」が発足した。市内を7つの番組に分け、ピーク時の会員は250人ほどだったが、住宅構造の変化に伴うとび職の成り手不足などにより減少。2000年に名称を記念会に変え一般の入会も受け入れているものの、会員は90人ほど。高齢化も進む。

 技術に磨きをかけるため、市内神社の境内で年3回、約30日に及ぶ稽古を欠かさず、100種類にも上る木遣り芸の向上にも努める。だが、20周年に予定していた式典や行事は、新型コロナウイルスの影響で中止か白紙。木村会長は「火消しの技術は現代に生かせるところも多い。消防の成り立ちを学べ、人脈も広がる。体力の維持管理や身のこなし方を体得できる」と魅力を語り継ぐ。

多摩区版のローカルニュース最新6

伝統、獅子舞も断念

伝統、獅子舞も断念 文化

保存会「我慢のしどころ」

7月3日号

JA職員が詐欺防止

JA職員が詐欺防止 社会

多摩署から感謝状

7月3日号

区役所で子ども食堂

区役所で子ども食堂 社会

きょうから、多摩SDC

7月3日号

市内初、ヒアリ確認

市内初、ヒアリ確認 社会

東扇島 数百匹を殺処分

7月3日号

多摩LC 結成32年で幕

多摩LC 結成32年で幕 社会

会員減少 止められず

7月3日号

民家園で七夕飾り

民家園で七夕飾り 文化

5日、旧佐々木家前

7月3日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク