多摩区版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

読売ランド前どろんこ保育園 銭湯絵師が創作実演 丸山清人さん 「富士山」描く

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
富士山を描く丸山さん(上)。創作を見つめる園児たち
富士山を描く丸山さん(上)。創作を見つめる園児たち

 日本で3人といわれる銭湯背景画絵師で現役最年長の丸山清人さん(84)を招き、読売ランド前どろんこ保育園は7月18日、ライブペインティングを開催。園内の子育て支援施設に設置された幅3メートルほどのボードに、壮大な富士山の風景画が描かれた。約10人の園児、職員や関係者が創作を見守った。

 会場になったのは、今年4月に開所した同園で、多世代交流の場として1階に開設された子育て支援施設「ちきんえっぐ」。丸山さんと約8年の付き合いがあり、西生田に住む同園オーナーの原田貴好さんによる思いでこの企画が実現した。

 当日は青いチョークで下絵を描くと、青や赤、白など5色のペンキを使い、筆やローラーで塗り進めていく。「最近のペンキは乾くのが早いから時間との勝負。色のグラデーションをいかに表現できるかが命」。少しの休憩をはさみ、5時間ほどで絵を描き上げた。

園児に思いはせ

 銭湯の背景画を描いて60年以上、作品数は1万枚を超えるという丸山さん。銭湯のほか企業や学校、公共施設など全国のあらゆる場所で実演イベントや企画展を重ねてきたが、保育園で描いたのは今回が初めて。「日本一の富士山は誰でも知っている。ここで歌でも歌ってくれたら」と丸山さんは、ふとほほ笑む。松久保陽子園長は「丸山先生が手を入れるたびに、絵が浮き出てくるのに感動した。ぜひ多くの方々にこの絵を見に来てほしい」と喜びを表す。

 「歩幅も狭くなって、足場に上るのは危ない」。創作現場に10年ほど前から付き添う、妻の美千代さん(74)はヘルニアを患う夫を気遣う。創作中は、技術面で気づいたことがあれば「ずっと残るものだから」と伝えるのが習慣になっている。ここ数年は、孫娘で美大生の間川千奈さん(22)も一緒に来る機会が増え、祖父に技を習う。丸山さんは「こんなにうれしいことはない」と顔をほころばせる。

 「命ある限り描き続けたい」という丸山さん。数年後、また絵を描き替えに再訪する予定だ。

完成作品には直筆サインも
完成作品には直筆サインも

多摩区版のトップニュース最新6

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

学生が「たまずん」研究

明治大農学部

学生が「たまずん」研究 教育

24時間の観察記録、展示

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook