多摩区版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

カワサキまるこ 初の楽曲、川崎F応援 多摩高出身「yucat」が企画

文化

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena
右からyucat、まるこ、ショープくん、内田社長、新田会長
右からyucat、まるこ、ショープくん、内田社長、新田会長

 県立多摩高校出身のシンガーソングライター「yucat」(ユキャット)が、サッカーJ1・川崎フロンターレ公認キャラクター「カワサキまるこ」の歌手デビューをプロデュース。9月30日発売の新曲「青く青く」の作詞・作曲や同曲のミュージックビデオ(MV)をユキャットが手がけた。MVはきょう21日、動画投稿サイトのユーチューブで公開される。

 「カワサキまるこ」はフロンターレを応援する妖怪ねこまたとして、(有)ねこのしっぽ(中原区)の内田朋紀社長が制作し5年前に公表したキャラ。ユキャットは昨年8月、等々力緑地「フロンパーク」でのイベント出演を機に、「まるこ」を通じた音楽のコラボ企画を同社に持ち掛けた。2018年から務めるかわさき産業親善大使として「大好きな川崎を歌で盛り上げたい」と強く願い、「まるこ」の歌手デビューに至った。

映像に川崎を凝縮

 新曲は川崎市とフロンターレの応援ソングとして曲名や歌詞にチームのイメージを表現。約5分のMVは生田緑地や日本民家園、川崎大師、母校の多摩高など市内各所で撮影した動画をアニメーションの「まるこ」と組み合わせている。このMVを皮切りに「まるこ」はバーチャルユーチューバー(Vチューバー)としての活動を計画。今後はグルメや観光など、多分野で川崎市の魅力を発信していく予定だ。

 8月10日には内田社長が「まるこ」のパネルと共に登戸の川崎新田ボクシングジム(新田渉世会長)を訪問。「まるこ」に片思いをしているという同ジムのキャラクター「ショープくん」が出迎えた。この日はユキャット、新田会長ら関係者が一堂に会し、それぞれのプロジェクトに懸ける思いを共有した。

 ユキャットは「コロナ禍の今、川崎に元気を届けられたら。いつかこの歌を等々力陸上競技場で、フロンターレの応援歌として合唱してもらうのが夢」と胸中を明かした。新田会長は「川崎を盛り上げるのはジムの使命でもある。これからも協力したい」と語った。

 今回のMVや関連情報は、カワサキまるこのツイッター公式アカウント(@maruko_kawasaki)で公開される。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を コミュニティ社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク